デジカメを持って 西へ東へと・・・



小生は今年も畑でサツマイモを育てる為に、先週の水曜日の午前中に農芸店へ行って
「紅はるか」や「鳴門金時」、「紅小町」等のサツマイモの切り苗を購入して帰り
水を少量入れたバケツの中へ購入してきた切り苗を入れて小屋の隅に置き
数日後に、切り苗の節の部分から新しく白い根が1cm位出来てきて・・・



晴れの天候となった日曜日の夕方に畑へ出かけて、予め畑を耕し苦土石灰や肥料を散布し
サツマイモの苗用の畝を作り、マルチかけをして準備がしてあった場所へ
切り苗を植える為に、マルチを30cm位切ってから苗が入る位の穴を掘り・・・



苗の植え付け方には、「斜め植え」や「水平植え」、「垂直植え」
「船底植え」等が有りますが、小生の場合は例年「水平植え」を行っていて・・・



新しく出来た根を傷めない様に、穴の中へそっと切り苗を入れから
やはり根を傷めない様に、土を少しづつかけて苗を植えて・・・



100均で購入して来た、超太口のジャンボストローを利用して・・・



根切り虫対策として、ジャンボストローを切り苗の新芽の長さに合わせて切ってから
切り落とした短い方を今度は縦向きに切り、これを新芽の部分に取り付けて
小生オリジナルの根切り虫対策を行い・・・



それから、水をたっぷり散布した後に土の乾燥対策として
苗を植えた所へ切り藁を敷き詰めて、60株の植え付け作業は本日で終了したものの
これから苗が上手く活着する迄の間は、朝夕の1日に2回畑を訪れて
水を散布する予定ですが、根切り虫にやられないで上手く根付いて欲しいと願っています






2017.05.23 / Top↑



昨夜メールを確認すると、身代金を要求する「ランサムウェア」に付いての
注意喚起のメールが、小生が使用していますウイルス対策ソフト会社から
届いていましたので、メールの本文を開いてを読んでみると
先週の12日より勝手にパソコンをロックしたり、ファイルを暗号化し
これを解除する為には、金銭(ビットコインなど)を要求する
身代金型ウイルス(ランサムウェア)の「WannaCrypt」による被害が
世界各国で発生していて、このウイルスはウイルス自身が
同じネットワークに繋がっているパソコンに 感染を広げる様に
プログラムが仕組まれていて、これが被害の広がる原因と成り
また、このウイルスはマイクロソフト社が3月に配布した
更新プログラムを適用していれば防ぐ事が出来たと云われ
各企業では、社内システム等が問題なく動作するか検証する為に
更新プログラムの適用に時間がかかる事も、拡大した要因と考えられ

  ウイルス対策としては
   1.メールの添付ファイルを無暗に開かない様にする
   2.マイクロソフトのサポートが終了したOS(最近では Windows XP
    Vista等)は使用しない
   3.WindowsUpdateを遅延無く実行して、最新の状態でパソコンを使用する。  
   4.ウイルス対策ソフトを導入し、アップデートを常に実行して
    最新のパターンファイルを適用する
   5.日頃からバックアップの習慣を身に着けて、定期的にバックアップを実行する。 
 
      等の対策が書かれていましたので、ご訪問頂いた皆様もご注意願います



2017.05.21 / Top↑