デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像8枚・・・)


小生が所属していますパソコンサークルでは、OFF会として先週の金曜日に
養老鉄道に乗って、薬膳料理を味わう催しが企画されましたので
小生も参加する為に、待ち合わせ場所の養老鉄道大垣駅へ
午前10時頃着くと、既にメンバーの人達が集まっていて
小生が一番最後でしたので、リーダーが前もって予約されていた
薬膳列車の乗車券を見せて、改札口からプラットホームへと行き
ホームに止まっていたいた桑名行きの普通電車に乗り
車窓から景色を眺めながら談笑をしていると1時間程で
電車は桑名駅へと着き、一旦改札を出て待合室近くで
各自が持っているモバイル端末を、公衆Wi-Fiへ接続して
WEB画面を見る事が出来るかを試す為に、公衆Wi-Fiを探すと
桑名市の公衆Wi-Fiが表示されて、Webへ接続する事が出来たものの
公衆Wi-Fiは回線契約無しで、誰でも自由に使える便利なサービスなので
盗聴やウィルス感染、乗っ取り等、無料Wi-Fiスポットで多発している
インターネット被害が現実に起きて居ますので、被害に遭わない為には
高いセキュリティ対策が行われているWi-Fiスポットを確認してから
接続する様にと云われていましたが、今回小生はこの確認するのが不十分で
今後使用する時には、しっかりセキュリティ対策されたWi-Fiスポットを
確認してから、使用するようにしなければいけないと反省をした次第です

今回小生達が利用した薬膳列車は、通常は1人5000円の料金なのですが
夏の期間の7月8月は、サマーキャンペーンとして3500円で乗車出来て
お得感が有って、この薬膳列車は臨時列車ではなくて
あくまで普通列車の1両を、予約貸し切りにする形で運行され
車内に乗り込むと、ロングシートと同じ向きに薬膳料理を載せる
テーブルが配置されていて、この上にはビストロ薬膳列車と銘打って
洋食が並べられていて、出発と同時に料理の1つ1つをきちんと解説され
頂いたお品書きを参考にしながら、少しずつ味わって食べる事に成り
最初は食前酒で乾杯しましたが、13種類の生薬が入ているので
養命酒の様な風味がし、電車に揺られながら車内で食べた薬膳料理は
沿線の地元で栽培された旬の食材をふんだんに使用し
工夫をこらした素朴な料理で、冷製トマトとモロヘイヤうどんパスタ
ごぼうとパプリカの彩りピクルス、夏野菜&シラスのオムレツ(クコの実入り)
モロヘイヤスープ、ふすまパンと自家製黒ニンニク、ミルクチーズクリーム添え等
何れの料理もダイエット効果が期待され、体に良さそうな感じがして完食し
食後の飲み物は、小生にとっては初めてと成る「玄米炭茶」と云う
不思議な飲み物で、これに羅漢果を砂糖代わりに入れて飲んだり
はすの実甘納豆や地元高校生が作ったクッキーを食べると
何時も飲んでいるコーヒの味とは、少し違った味がしました




2017.07.23 / Top↑

・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像7枚)・・・


愛知と岐阜県内に路線を持つ私鉄の名古屋鉄道は
受験生応援キャンペーンとして、車体に桜の鉛筆をデザインした
ラッピングが施され、列車内には受験生に向けての
応援メッセージと受験生の決意表明が掲示された
「ガンバレ受験生・さくらTRAIN」が、2016年11月17日から
2017年3月31日まで運行されていましたが、それに引き続いて
2017年3月6日~11月12日迄の期間、名古屋鉄道では
「岐阜市信長公 450 プロジェクト」の一環として
「岐阜市信長公450プロジェクト」ラッピング電車を
運転しているのを知り、その電車の姿をカメラに収めようと思い
その電車が姿を現す迄、試し撮りをしながら待ち・・・


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像6枚)・・・


このラッピング電車は、「岐阜市信長公450プロジェクト」を広くPR し
盛り上げを図る為に実施されたもので、ラッピングのイラストは
地元女子短期大学のデザイン美術学科の学生達が
織田信長公や濃姫等をメインにデザインしたもので
このラッピング電車は4両編成から茂り、主に名古屋本線や
中部国際空港駅に向かう空港線や犬山線等で運行されていますので
小生は当日の運行路線と時間を確認してから、名古屋本線沿線で待ち
予定時間に姿を現した列車の姿を、カメラに収めて帰って来ました



2017.07.21 / Top↑