FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・


岐阜県・揖斐川町の街の中央を流れる桂川沿いには
10年程前から地元の人達によって、「ハナモモ」の木約1,800本が植栽され
大切に育てられていて、平成17年には「町の花」として選定されて
今年も「ハナモモ」の花が咲き始めているとの地方版の新聞記事を見て
晴れの天候に恵まれて、風も吹いていなかった今月の17日に現地を訪れて
桂川沿い散策路の両側を1時間余歩いて、「ハナモモ」の花を観てきました

「ハナモモ」は中国原産・バラ科サクラ属の落葉低木で食べる「桃」とは異なり
花を観賞する目的で花木として品種改良された園芸品種で、桜の花が咲く時期と
ほぼ同じ頃に葉に先立って開花し、花は一重や八重咲のピンク色が主で
他の色には白色や濃紅色、赤色が有り、また赤色や白色、赤と白の斑な色等と
1本の木から枝に異なった色の花を咲かせる、珍しい種類の樹木等も有って
今年は4月中旬過ぎに見頃を迎えて、訪れた時は川面を鮮やかな花色で染めていました


・・・「ハナモモ」を観に、桂川沿いを訪れた時の様子はこちらからご覧下さい。・・・





2019.04.30 / Top↑


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像10枚)・・・


前日から降り始めた雨が朝には止んでいた昨日の午前10時頃に
花が散って葉桜と成っている今の時期に、何か花でも咲いていないかと思い
近くの公園を訪れて園内を散策していると、散策路脇のヘンスに絡みついて
八重咲きの黄色い花を咲かせる「モッコウバラ」の花が咲き始めていました

「モッコウバラ」は中国原産・バラ科バラ属蔓性の常緑低木で、枝にはバラ特有の
棘が無い為に扱い易くて、生育が早くて大量に花を付ける為に
公園や庭園、垣根等でアーチやフェンス等として良く利用され
開花期は4~5月で、花色は白か淡い黄色でどちらの色にも
一重咲と八重咲が有って、直径2~3cm位の小さな花を沢山咲かせ
黄花の一重や白花には微かな芳香が有りますが、八重咲きの品種には
芳香が無いと云われ、八重咲きの黄色い花を咲かせる「モッコウバラ」は
秋篠宮家第一女子・眞子内親王様のお印と成っているそうです

・・・「モッコウバラ」の記述に付きましては、「wikipedia」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・




2019.04.26 / Top↑