FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像6枚)・・・


カモメ科の「コハクチョウ」は、ユーラシア大陸と北アメリカ大陸の北極圏で
主に生息していますが、9月に入るとツンドラ地帯では日中でも気温が氷点下と成り
氷に閉ざされて餌が食べられ無く成る為に、「コハクチョウ」達は10月上旬頃に成ると
日本から4,000km程離れた北緯50度以北のシベリアから、何度も中継地で休みながら
越冬の為に2週間位かけて日本へと渡り、北海道東部地方の湖沼・川等で姿が見られ
10月中旬~下旬頃に成ると、「ハクチョウ」や「ガン」等の越冬する渡り鳥達は
殆んど北海道の湖沼に集結するので、渡り鳥達で賑わいを見せていますが
11月上旬頃に成ると、多くの渡り鳥達は寒い北海道を飛び立ち本州へと渡って越冬し
3月下旬頃に成ると本州で越冬を終えた渡り鳥達は、それぞれの越冬地から
北海道地方の湖沼等に再び集結し、4月下旬頃に成ると北海道を飛び立ち
何度も中継地で休みながら、シベリア地方の繁殖地へ帰ると云われていますが
この「コハクチョウ」の飛来地が、小生が住んでいる所から車で40分程走った所に在る事を
6年位前にWebの記事で見つけて、それ以降毎年この飛来地を訪れる様に成り
今年も、そろそろ「コハクチョウ」達が飛来地へ来ているのではないかと思い
数日前に、少し冠雪した伊吹山が後方に見える「コハクチョウ」の飛来地を訪れると
幼鳥も含めて凡そ30羽の「コハクチョウ」達が、見繕いをしたり水辺で泳いでいたり
嘴を水の中へ突っ込んで餌を探したり等をして、のんびりとしていましたが
この飛来地では1日に2回「コハクチョウ」達へ、決まった時間に餌を与える人がいて
その時間になると「コハクチョウ」達は、餌を与える人の現れる方角を見ていて
餌が川の中へとバラ撒かれると、「コハクチョウ」達の間で餌の争奪戦が始まり
今まで静かだったのが、一気に騒がしく成り餌を巡って喧嘩をする姿も見られました




2020.01.19 / Top↑


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像7枚)・・・


「晴れ時々曇り」の天候となった昨年の12月中旬に、午前中の用事を済ませ
昼食を済ませてから、愛知県と岐阜県の県境を流れる木曽川河畔に在ります
コハクチョウの飛来地へ、そろそろコハクチョウが来ているのではないかと思い
午後の餌付けの時間よりも少し早い時間に訪れると、コハクチョウが20羽位居て
三脚に400mmの大きな口径の望遠レンズを取り付けたカメラを載せたカメラマンらの
先客が5人居られましたので挨拶をしてお話を聞くと、昨日新たに8羽のコハクチョウが
飛来して来て、本日は22羽のコハクチョウの姿を見る事が出来ると話され
午後の餌付けの時間になると、この地でコハクチョウの世話を長年されている
Iさんが餌を入れたバケツを持って堤防の方から姿を表され、川の中へと進み
川の中で餌をまかれたので、コハクチョウ達が一斉に餌を食べ始めて騒がしく成り
餌を撒き終えて戻ってこられたIさんにお話を聞くと、今シーズンは暖冬の為に
この場所よりも北の地方で越冬する場合も有り、そして木曽川の今年の水量は
例年よりも少ない状況で、浅瀬では一部川底の土が見える場所も有って
以前に比べてコハクチョウ達の飛来地としての環境が悪くなってきたので
数年後にはコハクチョウ達が、飛来しなくなってしまうかもしれないと話され
コハクチョウの姿が数年後には見られなくなってしまうのかと残念な気持ちで
今シーズンは、再びシベリヤ方面へ帰る迄は時々この地を訪れて
コハクチョウ達がこの地で越冬している姿を、カメラで写して置こうと思いました



2020.01.03 / Top↑