FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・




昨日の午後から、自宅近くのショッピングセンターを訪れると
野菜売り場コーナーでは、「七草かゆ」用の食材パックが沢山並べられていました

昔、白米は大変貴重な贅沢品で一般の人には祭礼の日に頂くもので
常日頃は粟やヒエ等の雑穀類が主食で、お粥には大根や芋等を入れて
水増しして食べていた為に、新米が取れるとまず最初に神前にお供えをして
五穀豊穣を祈る神事の後に、お下がりとして白米を頂いていたと云われ
お正月後の「七草かゆ」も、こうした神への感謝と得られた事への慶びを込め
そして、今年も家族のみんなが元気で暮らす事が出来ます様にと願いながら食する行事で
平安時代から伝わる「薬膳かゆ」で有り、7品種入りのおかゆを食べて一年間の健康を
願う風習が現代まで続いていて、正月に食べたご馳走によって
疲れた胃腸を癒やし、冬に不足しがちなビタミン類をたっぷり補うので
お正月三が日が過ぎた、今の時期に合った食事となっていますが

    ちなみに、「七草かゆ」は下記の食材で作られ
     せり・・・・・せり科の多年草で田の畦道や水辺で見かけられ
            カロチンとビタミンA,Cが多く含まれ、脳等の血行を良くする効能が有る
     なずな・・・・ぺんぺん草の事で、道端等に自生する生命力の強い野草で
            やはり、カロチンとビタミンA,Cを含む
     ごぎょう・・・ハハコ草の事で、春から夏にかけて黄色い花を咲かせ 
            痰きりの効果が有る
     はこべら・・・ハコベの事で、繁殖力が強く、山野や道端等に自生しており
            たんぱく質が多く含まれ、鉄分も含んでいる
     ほとけのざ・・現在のホトケノザでは無く、コオニタビラコの事で
            川の土手や道端に自生しており、健胃や整腸作用がある
     すずな・・・・かぶの事で、主に根を用い
            ビタミンAが多く含まれている
     すずしろ・・・大根の事で、脂肪分解酵素や炭水化物を消化する
            ジアスターゼが多く含まれている
現在では、これらの食材を集める事は難しく成って来ましたので
替わりの野菜を使ったり、商店等で販売されている「七草かゆ」のパック詰めを
購入して来て、間に合わせている家庭が多く成って来たと云われています



2020.01.07 / Top↑

・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像2枚)・・・


以前に使われていた旧暦では春の季節は1月から3月迄で、夏の季節は4月から6月迄
そして秋の季節は7月から9月迄で、冬の季節は10月から12月迄と成っていて
現在の季節とは異なっていて、「十五夜」は「中秋の名月」とも呼ばれて
「秋の真ん中に出る月」という意味が有って、旧暦での秋の季節の真ん中は8月で
更に8月の真ん中、15日頃に出る月が「中秋の名月」と云われていましたが
現在使われています新暦は、旧暦と1~2か月のズレが有りますので
現在は「9月7日から10月8日の間で、満月が出る日」を「十五夜」としていて
令和元年の「中秋の名月」は9月13日でしたが、当地での天候は「曇り」で
お月様が雲の間から顔を中々出さなくて、ヤキモキしていましたが
午後10時過ぎには少しの間だけ雲が無く成り、何とか見る事が出来ました

この「十五夜」の月見が盛んになったのは、平安時代からだと云われ
貞観年間(859~877年)頃に中国から伝わって、貴族の間に広まり
月を見ながら酒を酌み交わし、船の上で詩歌や管弦を親しむ
風流な催しだったそうで、貴族達は空を見上げて月を眺めるのではなく
水面や盃の酒に映った月を愛でていたと云われ、そして庶民の間でも
広く「十五夜」を楽しむ様に成ったのは、江戸時代に入ってからだと云われ
貴族の様にただ月を眺めるのでは無くて、当時の「十五夜」の頃は稲が育ち
間もなく収穫が始まる時期だったので、無事に収穫出来る喜びを分かち合い
感謝する日でもあって、「収穫祭」や「初穂祭」の意味合いが大きかった様で
この「十五夜」の日には、ススキや月見団子、里芋、栗、枝豆等の
この年に収穫されたばかりの農作物をお供えして、豊作に感謝していた様です


・・・「十五夜」の記述に付きましては、「国立・天文台」のHPを参考にさせて頂きました。・・・




2019.09.15 / Top↑