デジカメを持って 西へ東へと・・・


永禄9年(1566年)に、木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が
一夜にして城を築いたと伝えられ、その一夜城が聳えている墨俣は
岐阜県大垣市の東部に位置していて、古く室町時代迄は
鎌倉街道(京都~鎌倉)の宿場町であり、江戸時代には
美濃路の宿場町として栄え、その宿場町の面影を残す地区では
毎年2月下旬から3月中旬にかけて、雛まつりに合わせて
地元の女性達で組織された「いき粋墨俣創生プロジェクト」の会員の人達が
子供達の健やかな成長を願ながら、着物の古布等で作った吊り雛や
雛段飾り等を町内の寺院や店舗等で飾り、これらの場所を巡り歩く
今年で10回目と成ります「いき粋墨俣つりびな小町めぐり」が
開催中でしたので、先週末にこの美濃路・墨俣宿を訪れて
各店舗に飾ってあるお雛様や吊り雛を眺めながらのんびりと歩く
スタンプラリーに参加し、2時間程かけて32ヶ所を巡り歩き
20ヶ所以上のスタンプを集めると、抽選が出来ますので
小生は頂いた4スタンプラリーマップを頼りに、各寺院や
商店等に飾られた、雛壇や吊りびな等を観ながら25ヶ所を訪れ
ゴールの脇本陣跡でガラガラポンの抽選したところ、緑色の丸い球が出て
その景品として地元さんのせんべいが入った菓子袋が一袋当たり
青空の下、早春の街中で雛めぐりをして帰って来ました


・・・「いき粋墨俣吊りびな小町めぐり」のデジブックは、こちらからご覧下さい・・・





2018.03.04 / Top↑
永禄9年(1566年)に、木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が
一夜にして築いたと伝えられる、一夜城が在ります墨俣は
古く室町時代には、鎌倉街道(京都~鎌倉)の宿場町であり
江戸時代には、美濃路の宿場町として栄えていて
この地元の女性達が着物の古布で、子供の健やかな成長を
願いながら心を込めて作られた長さは約1mの吊り雛や
各家庭にある雛飾り等を、美濃路墨俣宿一帯の寺院や店舗等32ヶ所に飾り
スタンプラリーや写真コンテストの有って、今年で9回目と成ります
「いき粋墨俣 つりびな小町めぐり」が2月25日から3月12日まで
開催されていましたので、晴れの天候と成りました3月11日の午前中に
かっての美濃路・墨俣宿を訪れて寺院や店舗のお雛様等を眺めながら
お雛様等の写真を写したりスタンプを押したりしながらのんびりと
現在も宿場町の面影を残すエリア内を、2時間余散策すると
スタンプを20個以上押す事が出来ましたので、最後にガラガラポンで
抽選を行ったところ、ポケットティシュカバーが1個当たりました


美濃路・墨俣宿を訪れた時の画像を纏めて、デジブックを作成しました。
お目に留まり、ご高覧頂ければ嬉しいです。

(^O^)/



2017.03.17 / Top↑