FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・本日の朝刊に入っていた、某スーパーの「恵方巻き」のチラシ・・・


本日は二十四節気のひとつ「節分」で、そしてその翌日の明日は「立春」で
暦の上では早くも春を迎える頃と成りましたが
「節分」という言葉には、「季節を分ける」と云う意味が含まれていて
言い換えれると、「季節の変わり目」と云う意味に成り
「季節の分かれ目」とは、立春・立夏・立秋・立冬の事で
本来は春・夏・秋・冬の、どの季節にも「変わり目」が有って
その前日を「節分」と云い、一年の季節は「春夏秋冬」と書く様に
一年の始まりは「春」に成っていて、この「春」の始まりが「立春」なので
「立春」の前日である2月3日が「節分」として、広く認知される様に成り
その「春」が始まる前日、すなわち新しい一年が始まる前日に
「これから始まる新しい一年が、不幸や災いの無い一年に成ります様に」との
願いを込めて、神社仏閣や各家庭等で2月3日の「節分」の日には
「鬼は外、福は内」と言いながら豆撒きをして、歳の数の豆を食べる習わしが有って
最近では「恵方巻き」を、その年の恵方と云われる方角を向きながら無言で食べると
幸運が訪れると云われ、この「恵方巻き」は元々関西地方のみで行われていた風習だと
云われていましたが、平成10年に或るコンビニが節分用に「丸かぶり寿司 恵方巻」との
商品名で太巻き寿司を全国販売したところ、消費者に受け入れられて
ここ数年の間に全国的に急激に広まって、今や日本の北から南迄
「節分」の日に、その年の恵方に向かって太巻きを鬼の金棒に見立てて
「邪気を祓う」と云う意味のある、切らずに長いまま太巻きを食べる事で
「縁を切らない」や「福を巻く」と云う意味も含まれ、「祓鬼来福」の祈念をしながら
太巻き寿司を無言で、まるかぶりで食べる風習が定着する様に成り
小生の家庭でも、本日の夕食時に今年の恵方「西南西」の方角を向いて
無言でまるかぶりで食べながら、家族の「祓鬼来福」を祈念しましたが
数年前頃から、この恵方巻の大量の売れ残りが問題と成っていて
関西地方の或る大学教授が、恵方巻きの消費人口を約3213万人と推定し
1本800円で計算して、販売総額を約257億円と見積もり
スーパーやコンビニへの調査等から、廃棄率を4%と仮定して
計算したところ、損失額を約10億3千万円と成ったとの記事を
小生は一昨年の2月に読み、売れ残った大量の恵方巻が廃棄処分となり
その損失額が、余りにも多いのに驚いてしまいましたが
昨年から農水省が業界団体への文書の中で、大量生産をやめて
廃棄物を少しでも減らすようと、呼びかけていましたが
果たして、今年の恵方巻きの廃棄率の結果は如何になったのでしょうか?





2020.02.03 / Top↑



新年あけましておめでとうございます


皆様お揃いで、佳きお正月をお迎えの事と存じます

当ブログへご訪問頂きまして、誠にありがとうございました

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げますと共に
本年もお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます

令和二年 元旦




・・・本日掲載2枚のGIFアニメは、フリーサイトからお借りしました。・・・



2020.01.01 / Top↑