デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像3枚)・・・


昨日の3月3日は「ひな祭り」で、女子の健やかな成長を祈る
節句の年中行事として知られ、「ひいなあそび」とも云われ
女の子の居る家では、「男雛」と「女雛」を中心とする「ひな人形」を飾り
雛あられや菱餅を供えたり桃の花を飾り、ちらし寿司やハマグリの
お吸い物を食べて、女の子の成長を祈る為に行われる行事として
知られていますが、この「ひな祭り」の起源としては
平安時代に、京都の貴族の女性達のあいだでは
小さい御所に似たものを、飾っていたと云われ
そして同じ平安時代には、川へ紙で作った人形を流す
「流し雛」が有って、「上巳の節句(穢れ払い)」として
雛人形は、「災厄よけ」の「守り雛」として祀られる様に成り
さらに江戸時代に成ると、人形作りの技術が向上して
川に流すのではなくて、家の中へ飾る様にと変化していき
これが今の様な、雛段飾りの始まりだとも云われていますが
小生宅でも、女性陣達が2月中旬過ぎ頃から協力し合って
お雛様を飾り、昨日のお昼にはちらし寿司を食べたり
おやつの時間には、ひな祭りのショートケーキ等を食べたりして
細やかな「ひな祭り」を行って、春のひと時を楽しく過ごしました

2017.03.04 / Top↑


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像3枚)・・・


月日が経つのは早いもので、今年も残すところ1週間を切り
「元旦の朝に届ける年賀状は、25日迄に投函して下さい」と
郵便局から呼びかけられていましたので、当初は出す予定でしたが
12月15日頃から鼻水が出たり咳が出たりと、風邪を引いた症状が見られたので
翌日に罹りつけのお医者さんへ行き、診察を受けて薬を貰って帰って来て
3日分の処方された薬を飲み終えても、症状が中々良くならなかったので
休み明けの19日の朝食後に、今度は耳鼻咽喉科のお医者さんをWebで探して
そのお医者さんの診察開始時間に訪れて、診察を受け薬を貰って帰り
その薬を飲み始めると20日頃から、風邪の症状が徐々に回復して来て
それから年賀状の作成に取り掛かりましたが、まだ自分と家族が出す
年賀状の作成と印刷が、昨日迄に2/3位しか出来ていなかったので
少々焦っていましたが、本日の昼食後から残りの年賀状の作成と印刷を
夕食を挟んで先程迄行った結果、何とか自分と家族分の年賀状が完成し
明日年賀状にコメント等を書き添えて、夕方迄にポストへ投函する
予定をしていますので、元旦の朝に何とか宛先へ届く事を願っています




2016.12.26 / Top↑