FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像7枚)・・・


晴れの天候に恵まれました数日前に、国営木曽三川公園のひとつ
「河川環境楽園」を久しぶりに訪れ、今の季節に咲いている花を求めて
園内を散策していると、散策路脇に植栽された木に小生が子供の頃の夏に
おやつ代わりに食べた記憶が有ります「グミ」の様な形をした
赤色をした果実が沢山付いているのに気が付き、近寄って確認すると
「サンシュユ」の名札が掛けて有りましたが、果実は「グミ」に似ていました

「サンシュユ」はミズキ科ミズキ属の落葉小高で、高さは5~15m位に成り
2~3月頃に成ると葉に先立って、短枝の先に散形花序を付けて
1つの花序には小さな黄色の花が20~30個位付き、花弁と雄しべは4個で
枝いっぱいに黄色い花を咲かせる、早春の花木として知られていますが
別名では「ハルコガネバナ」とも呼ばれていて、そしてこの「サンシュユ」は
秋の季節に成ると赤色の果実が出来て、果実は楕円形で赤く熟して
食べる事が出来ますが渋くて生食には向か無いものの、この果実には滋養や強壮
疲労回復、頻尿等に薬効が有る為に、内部にある種子を取り除き乾燥させた果肉は
生薬に利用され生薬名は「山茱萸」で、漢方の「八味地黄丸」等に配合されているそうです


・・・「サンシュユ」の記述に付きましては、「四季の山野草」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・



2019.11.08 / Top↑


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像4枚)・・・


5月に田へ植えられた苗が順調に育ち、秋の季節に成ると黄金色の稲穂が垂れて
稲刈りの時期がやって来ますが、 例年で有れば小生が住んでいる地方では
10月の第1週末頃から稲の収穫作業が始まっていましたが
今年は10月に入ると、週末毎に超大型と云われる台風が
当地方の近くを相次いで通った為に、悪天候の日が続いて
稲の収穫作業が中々出来なかったものの、昨日辺りから
稲の収穫作業がようやく始まり、稲の刈り取りと脱穀が同時に出来る機械
コンバインのエンジン音が聞こえる様になり、晴れの天候となった本日も
朝からリズミカルなエンジン音が聞こえて、あちらこちらで稲の収穫作業が
行われていましたが、小生が子供の頃には今の様な機械での収穫では無くて
全て手作業で行っていましたので、家族全員と親戚の人達が集まり
お互いに協力し合って行っていましたので、1反の稲の刈り取りだけでも
1日仕事でしたが、現在では殆んど機械化されていますので
機械の収穫能力にも依りますが、昔に比べれば短時間で
収穫が出来るものの、年に数日間しか使わない機械の高額な購入代金や
維持費等に経費が掛かったり、農家の人達も高齢化が進み
子供達は地元を離れて会社勤めをしたりして、後継者がいなくて
これから日本の農業はどう成ってしまうのか、チョッピリ心配に成って来ました





2019.10.27 / Top↑