FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・




小生が住んでいる地方の今年の「梅雨」は、昨年より2日遅い6月7日に
「梅雨入りしたと思われる」と、地元の地方気象台から発表されたものの
昨年の「梅雨」に比べると、「梅雨入り」後も現在までは雨の降る日が少なくて
局地的なゲリラ豪雨や河川の氾濫、土砂災害、竜巻等の発生もなくて
最近に成ってもにわか雨がたまに有るものの、本格的な雨が降らず
曇りの日が続いていましたので、昨日畑へ夏野菜の様子を見に行くと
「カボチャ」の葉っぱに、白い粉の様なものが付いているのに気が付き・・・



家へ戻ってから、「カボチャ」の葉に付いていた白い粉の様なものに付いて
パソコンを開いてWebで調べると、「糸状菌(カビ)」による伝染性の病気で
胞子が風によって運ばれて伝染して、草花や野菜等多くの植物に発生するものの
特に被害が出易いのは、「キュウリ」や「カボチャ」、「ウリ」等「ウリ科」の野菜で
多くの「糸状菌」の病気は多湿で発生し易いのに対し、「うどんこ病」の菌は
湿度が低く乾燥気味の時に発生し易いのが特徴であり、高温下では出難いので
梅雨と真夏以外の時期に多く発生しますと書いてありましたが、葉の状態から見て
小生の見立てでは、今は正に梅雨の時期ですが「うどん粉病」に思えて
「うどん粉病」の予防対策としては、「乾燥が続くときは適宜水やりをする事と
密植を避け、繁茂し過ぎたツルや葉は間引いて風通しの良い環境にして
日当たりを良くする事が大切だ」と書かれていましたので、雑草除けシートを
被せて有っても、「カボチャ」を育てている畝には雑草が生い茂っていましたので
昨日の午後から熱中症対策をして畑へ出かけて、生えていた雑草を全て取り除き・・・



「うどん粉病」の胞子は風に依って運ばれて伝染する為に、発病した葉は切り取り
その切り取った葉は、ビニール袋の中へ入れて処分しましたので
隙間が出来て風通しも良くなりましたが、「キュウリ」や「ウリ」等の
他の野菜へも「うどん粉病」が移らない様に、念の為に炭酸水素カリウムが
有効成分で、カリ肥料効果もある殺菌剤を近くの農芸店で購入して来て
水で1,000倍に薄めてから展着剤を入れた水溶液を、スプレーボトルの中へ入れ
「カボチャ」の全ての葉と蔓にも、たっぷりとふりかけて置きましたので
殺菌剤の効果が表れるのか、暫くの間様子を見る為に畑へ行く心算にしています




2019.07.09 / Top↑

・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像2枚)・・・


小生は今年、「なす」を種から育てようと思い「安定した育て易さが有って
最も代表的とも言える長卵形の品種で有り、実の皮も柔らかくて
極上の品質で、どんな料理にも合わせられる万能ナスです」と
袋に書かれていました「千両なす」の種を購入して帰り
5月初めにポットに種を蒔いて苗を作り、畑へ植え替え可能な
大きさ迄に育ってから、予め準備してあった畑の畝へ植え替えて
育てていましたが、梅雨の中休みと成った今朝早起きをして
「なす」の様子を見に出かけると、小生のオリジナルで割り箸と納豆の袋で作った
風防対策の袋の上から苗が窮屈そうに顔を出していて、苗周りには
沢山の雑草が生えていましたので、急遽風防対策の割り箸と袋を取り除き
「なす」の苗周りに生えていた雑草を取り除いてから、支柱と紐を使って
強い風で「なす」の茎が揺れない様に、支柱に茎を縛り付けて対策し
その後、苗の株周りに追肥を与えて本日の畑作業は2時間程で終わりましたが
今後も時々様子を見に畑へ出かけて、何か問題が発生していたら
早めに対策をして、沢山の「千両なす」を収穫する心算でいます




2019.07.05 / Top↑