デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・上記画像は、Webの「Yahoo天気・過去の天気」からお借りしました。・・・


小生が住んでいる地方の今年の梅雨明けは7月9日頃と云われ
この梅雨明けは平年より12日、昨年より6日早い梅雨明けと成りましたが
今年は梅雨が明けてから晴れの日がほぼ毎日続き、最高気温も一気に35℃前後迄上昇して
猛暑日が続いていましたが、16日には39℃を記録して日本で一番熱い地方と成ってしまい
本日の最高気温も当地では37℃が予想されて、非常に暑い日と成りそうで
熱中症に対する厳重な注意を呼び掛ける「高温注意情報」が、連日の様に出されていますので・・・



この暑さを避ける為に昨日の朝6時頃に早起きをして、小生が畑で育てている夏野菜の様子を
久しぶりに見に行くと、カボチャやキュウリ、ゴーヤ、スイカ等夏野菜の葉や蔓等が
例年より早く黄色く成り枯れかけていて、今年は収穫も少なくて不作だと思いながら・・・



カボチャやキュウリ、ミニトマト、ゴーヤ、シシトウ等を収穫し、次に収穫10日前迄に育っていた
小玉スイカの様子を見ると、今年の梅雨は期間が短くて雨の降る日が少なかった為なのか・・・



スイカのお尻の部分が裂果しているのに気が付き、とりあえず収穫して帰りましたが
スイカが収穫前に、果実が割れしまう原因として主に考えられるのが
皮と果実部分の生長に差が出る事と云われ、表面の皮の生長よりも果実部分の生長が早いと、
皮が耐え切れずに結果として裂果してしまい、裂果がおこる原因としては
.急激な水分過多や低温、強い直射日光に当たった場合には皮が固く成って
裂果し易く成り、また皮の薄い品種のスイカは裂果し易いと聞いていますので・・・



残りの収穫前のスイカには裂果対策として、取り敢えず日除け対策をする為に
鳥の食害対策としてスイカの畝に被せて有る網の上から、果実に直射日光が当たら無い様に
日除けシートをかけて様子を見る事にしましたが、後20日程で収穫予定なので
それ迄何とか残りのスイカが裂果しない様にと、願っていますが・・・



裂果したスイカを自宅へ持ち帰り、切ってみると果肉の赤い色は幾分薄いものの
水分が有って食べれそうだったので、スプーンでひとさじ食べてみると
甘かったので冷蔵庫の中で冷やして置いてから、午後3時頃に今年最初の
スイカを味わってみると、甘味が有って美味しく食べる事が出来ました




2018.07.21 / Top↑


・・・上記画像は、Webの「Yahoo天気・過去の天気」からお借りしました。・・・



小生が住んでいる地方の、今年の梅雨明けは7月9日頃だったと云われ
この梅雨明けは平年より12日、昨年より6日早い梅雨明けと成りましたが
今年は梅雨が明けてから晴れの日がほぼ毎日続き、最高気温も一気に35℃前後迄上昇して
猛暑日が続いていましたが、昨日には40℃を記録して日本で一番暑い地方と成り
本日の最高気温も当地では37℃の予報が出されて、非常に暑く成ると予想され
熱中症に対する厳重な注意を呼び掛ける「高温注意情報」が連日出されている状況で・・・


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像5枚)・・・・・・


今年の梅雨が明けて、畑の中に溜まっていた雨水が乾いた
7月13日の夕方に、畑へ夏野菜等の様子を見に久しぶりに出かけると
畑の中には雑草が生い茂り、特に昨年から栽培を始めた「チョロギ」の畝では
何処に「チョロギ」が植えて在るのか分からない程雑草が生えていましたが
梅雨が明けてから猛暑日が続いていて、小生は数年前に熱中症を
2度患って、めまいを起こしたり戻したりと大変苦しんだ経験が在る為に
それ以降は、熱中症に罹らない様に十分注意をしていますので
朝早起きをして、朝の涼しい内に少しづつ雑草を取り除こうと思い
14日から朝の5時頃に起きて、7時頃迄の間に雑草を撮り続けた結果
本日ようやく「チョロギ」が植えて在る畝の雑草を全て取り除く事が出来
雑草で隠れていた株元を見てみると、新しい芽も多数出ていましたので
このまま順調に育てば、11月末頃には収穫が出来るだろうと思っています





2018.07.19 / Top↑