デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像7枚)・・・


小雨が時々降ると云う悪天候の中を、国営木曽三川公園のひとつで有ります
河川環境楽園を久しぶりに訪れ、咲いている花を求めて
園内を散策していると、ネギ坊主を大きくした形のピンク色の丸い花が
花壇の中で咲いているのに気が付き、珍しい形の花だったので
何の花だろうかと思い、その花に近づくと「アリウム・ギガンテウム」の
名札が立てて在り、園芸界に於いては「アリウム」と云えば
花が美しくて花壇や切り花として、鑑賞する品種の総称で有り
秋に球根を植えて、春に花を楽しむ「秋植え球根植物」として
扱われていて、簡単に言えば「花の綺麗なネギ坊主」の事であり
葉の無い長い花茎と、その頂部に傘形又は球状の花序を付ける姿は
他の花には無いユニークさが有り、また花持ちも良いので
生け花やフラワーアレンジメント等に利用されて人気が有り
その中でも「ギガンテウム」は、初夏の頃に成ると
花茎を1m位伸ばして、先端に沢山の小花を密に付けて球状に成り
その直径は10cmを超すと云われ、花色には紅紫色や桃紫色が有って
花壇植えの他、切り花としても利用出来ると書かれていました


2017.05.28 / Top↑

・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像5枚)・・・


小生が今から数十年前に自宅を新しく建てた時に
自宅の前に小さな空地が出来たので、そこへ土を入れましたが
殺風景だったので、「キンモクセイ」や「サザンカ」等の木を購入して植栽したら
何れの木も上手く育ち、今では小生の背丈を超える程に大きく育ち
花が咲く時期に成ると、それぞれの花が季節毎に咲く様に成り
11月下旬頃から蕾が膨らんだ「サザンカ」は、12月上旬過ぎから花が咲き始め
今では沢山の花が咲き、庭の中で赤桃色の花が鮮やかさを演出しています

「サザンカ」はツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹で、日本の固有種であり
基本的な性質は、同じ科の「ツバキ」と似ているものの
新梢と葉柄や葉の裏表の中央脈や子房に短い毛が有り
枝先や葉の脇に、花径5cm強位の白色の5弁花を咲かせ
花は横に平らに開き、雄シベは「ツバキ」の様に筒状には成らなくて
園芸品種には、花の色が赤色や桃色、八重咲きのもの等が有って
花弁は基部で合着していない為に、花が咲き終わると
1枚ずつバラけて散り、「ツバキ」は早春から春にかけて花が咲くのに対し
「サザンカ」は耐寒性が弱くて、10月から12月頃に花が開花し
晩秋から初冬にかけての花として親しまれ、庭先等に良く植栽されています
         

・・・「サザンカ」等の記述に付きましては、「wikipedia」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・


2016.12.22 / Top↑