デジカメを持って 西へ東へと・・・



今年のお正月過ぎにネットサーフィンをしていたら、両端が細く数珠状にくびれて
長さが2cm~3cm位の巻貝の様な形をした変わった形の塊茎の写真を見つけ
これは中国原産シソ科の「チョロギ」で、日本へは江戸時代に伝わったと云われ
地下に出来る長さ3cm位の巻貝の様に見える塊茎を食用にする事が出来
味は淡白な味わいで、加熱すると「ユリネ」に似たような味があって
お正月のお節料理の中に入っていて、お正月の縁起ものと云う事で
「長老喜」や「長老木」、「長老貴」、「千代呂木」等の当て字が用いられ
この「チョロギ」には強壮作用や鎮咳作用があると書かれていて
また、「チョロギ」には脳細胞を活発にする成分が含まれていて
痴ほう症や脳梗塞の予防に、効果が有るとも書かれていましたので
歳を重ねて物忘れが多く成った小生にとって、願ってもない食べ物なので
今年から育ててみようと思い、数件の園芸店で探し歩いてようやく2袋購入し・・・



「チョロギ」を植え付ける予定の場所を、苦土石灰や肥料を散布してから
ミニの耕運機を使用して耕し、畝を作って予め準備をして置いて・・・



本日は晴れの天候と成ったので、1回目の「チョロギ」の植え付けを行おうと思い
朝食後に畑へ出かけて、準備してあった畝を更に40cm幅の畝4列に分けて・・・



「チョロギ」の塊茎を袋の中ら出すと、既に新しい芽が出ているのも有ってたので
良さそうに思える塊茎を選別してから・・・



30cm位の間隔で、畝に5cm位の深さで穴を掘り・・・



根茎を水平に寝かせて、上から土をかぶせて・・・



水を散布して置きましたので、順調に育てば1ヶ月位で土の中から
新葉が顔を出し始めますので、それまでは時々畑へ出かけて
様子を見ながら上手く育てて、11月頃には初収穫したいと思っています



2017.03.19 / Top↑


小生は以前から購入した苗と、前年に食べたスイカが美味しかった時に種を残して置き
その種を翌年の春に蒔き、苗を育ててから畑の畝に植え付けて
数種類のスイカを育てていますが、今年も種から育てた苗に花が咲き
人工授粉をしておいたら、上手く結実して小さなスイカの果実が出来ましたが
その中で1個だけ、表面が黄色くなったスイカらしき果実があるのに気が付き・・・



発育不良でその内に腐って、ダメに成ってしまうだろうと思っていましたが
黄色い果実は腐る事無くその後も順調に育ち、果実も徐々に大きくなってきたので
表皮が緑色のスイカが、何らかの原因で突然変異して黄色になったかと思い
注目しながら、成長を見守っていましたが・・・



同じ日に人工授粉した他のスイカと比べても、ほぼ同じ位の大きさ迄に順調に育っていたものの・・・



収穫時期を迎える頃に成ってくると、葉が枯れ始めて来たので・・・



収穫予定日より5日早い8月1日の朝に、他のカボチャやウリ、ズッキーニ、ミニキュウリ等の
野菜と一緒に収穫して来て大きさを測ってみると、直径は22cm位で重さは2.3㎏有りましたが
今年初めてと成るスイカの収穫だったので、計測後は仏壇の前にお供えして置いて・・・



その後に冷蔵庫の中へ入れて冷やして置き、昨日は高気圧に覆われて晴れの天候となり
最高気温も35℃まで上昇し、風も殆んど吹いていなくて蒸し暑い日と成ったので
午後3時の休憩時間に、黄色いスイカらしき果物を食べてみようと思い
冷蔵庫から出してきて半分に切ると、中から赤色のスイカの果肉が見えて
やはりこの果実は、スイカだったのかと改めて思い・・・



切った半分は外出中の家族用として残す為に、再び冷蔵庫の中へ入れ
残りの半分を連れ合いと一緒に仲良く分けて、黄色いスイカを食べてみましたが
程よい水分と甘みが有って美味しくて、普通のスイカと同じ味だったので
来年もこのスイカを作ってみようと思い・・・



種を見ると真っ黒ではなくて薄い茶色でしたが、良さそうな種を
来年の春迄、大切に保存して置く事にしました




2016.08.05 / Top↑