デジカメを持って 西へ東へと・・・


カモメ科のコハクチョウは、ユーラシア大陸と北アメリカ大陸の北極圏(ツンドラ地帯)で
主に生息していますが、9月に入るとツンドラ地帯では日中でも気温が氷点下と成り
氷に閉ざされて餌が食べられ無く成る為に、コハクチョウ達は10月上旬頃に成ると
日本から4,000kmも離れた北緯50度以北のシベリア地方から、何度も中継地で休みながら
越冬の為に凡そ2週間かけて日本へ渡って来ますが、このコハクチョウの飛来地が
小生の住んでいる所から車で40分位走った木曽川沿いに在る事を
5年位前にWebで見つけて、それ以降毎年この飛来地を訪れていますが
今年もコハクチョウ達が来ているとの情報を、知人から教えて頂いて
1月11日のお昼前に、冠雪した伊吹山が後方に見える飛来地を訪れると
幼鳥も含めて凡そ30羽のコハクチョウ達が、水辺で泳いでいたり
嘴を水の中へ突っ込んで餌を食べたり、見繕い等をしたりして
のんびりと過ごしていましたので、30分位コハクチョウ達の姿を眺めていると
突然バタバタと羽根を激しく動かす音と、コハクチョウ達の甲高い鳴き声
そして、バシャバシャと水を激しく跳ね飛ばす音が聞こえて来ましたので
何事かと思い音のする方を見ると、逃げる1羽のコハクチョウを
追いかける1羽のコハクチョウの姿が見え、どうやら喧嘩をしている様に見え
その珍しいシーンを写す為に、カメラのシャッターを押し続けましたが
暫くするとその喧嘩も丸く収まった様で、飛来地は喧嘩前の静けさに戻り
そろそろ引き上げようと思っていると、今度は川の中州辺りから
バタバタと激しい水音が聞こえてきましたので、そちらの方を見ると
家族連れらしき8羽のコハクチョウ達が空へ向かって飛び立とうとしており
慌ててその姿をカメラで追いかけましたが、家へ帰ってから写した画像を確認すると
殆んどピンボケ写真ばかりだったので、次回訪れる時には飛来地から飛び立つ姿や
飛び立ってから再び戻って来て着水する姿を、もう少し上手く写したいと思っています


・・・コハクチョウの飛来地を訪れた時の様子を纏めたデジブックは、こちらからお入り下さい。・・・


2018.01.29 / Top↑

「コハクチョウ」はカモ科の水鳥で、体長120cm位で翼を広げると
190cm程にもなる大きな鳥で、「日本書紀」や「出雲風土記」にも登場し
日本人が昔から愛し、馴染み親しんできた鳥であると云われています

「コハクチョウ」は、北極に近いシベリアの北部で生まれ
5~6月頃生まれたヒナは2カ月位で飛べるように成り
冬の季節に成ると、4000㎞の旅をして日本の各地へと渡って来て
小生の自宅近くの木曽川でも、平成元年頃から姿が見られる様になり
今では毎年、若鳥を連れた沢山のコハクチョウの家族達がやってきて
愛くるしい姿を見せ、多くのカメラマンや見物人達が訪れています



                 コハクチョウの飛来地を訪れた時の様子を、デジブックで纏めました。
           お目に留まり、ご高覧頂ければ嬉しいです。

                              (^_^)/






2015.01.23 / Top↑