FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

日本国内で最小のトンボ・ハッチョウトンボのオス



昆虫綱トンボ目トンボ科の昆虫・ハッチョウトンボは
江戸時代に尾張の本草学者であった大河内存真が
『蟲類写集』の中で『矢田鉄砲場八丁目のみに発見せられ
その為、ハッチョウトンボの名を有する』と記録したのに始まるといわれている
(矢田鉄砲場八丁目は現在の名古屋市矢田川辺りとの説がある)


日本国内で最小のトンボといわれている体長20?位の
ハッチョウトンボを見に、一昨日Y湿原を訪れた
想像していたより小さいので、注意してよく見ないと
見過ごしてしまう程で、世界でも最も小さい部類に入るトンボである






このトンボは、雌雄で体色、斑紋が異なり
オスは橙褐色で、ほとんど斑が無く成熟すると赤くなり
メスは黄色で、褐色、黒色の斑模様がある


このトンボは希少種の為、生息場所は控えさせて頂きましたので
ご理解とご了承の程、お願い致します




 動くイラストはフリー素材のサイトからお借りしました ありがとうございました 
2009.08.16 / Top↑