FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

頭状花序を付けた千日紅の花

長い花茎の先端に米粒の1/2位の小花を密生させて
直径約2cmの球状の頭状花序を付ける千日紅は
ヒユ科センニチコウ属の熱帯アフリカ原産の一年草であり
花の咲く日にちの永さによって付けられた名前は
以前紹介した、百日紅、百日草等がありますが
この花も、夏の暑い季節から晩秋の季節まで
花が永く咲いていることから、付けられた名前だと言われている

この千日紅の赤紫色の花を写真に撮ってみました

2009.08.20 / Top↑