FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

チョット可哀想な名前のクサギの花

日当たりが良い山地に生育し8~9月に花を咲かせる
クマツヅラ科クサギ属のクサギ、クサギの語源は葉っぱがクセの有る
特有の臭いがする事によるもので、漢字では『臭木』と書かれている


花冠は5裂し、裂片は白色、紅紫色の萼から突き出た花冠の花筒も紅紫色で
4本の雄しべが突き出ていて、雌しべは垂れ下がっている


葉とは違い、花の香りはユリに似た芳香を発散しているので
アゲハチョウの仲間が蜜を求めてやって来ると云われている

    
2009.08.23 / Top↑