FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

水気の多い所で咲くオモダカの白い花

浅い池、沼地、溝、田んぼなどに生える
オモダカ科オモダカ属の多年草であるオモダカ
夏の涼しさを誘う白い花とも云われていて
白色3枚の花弁と黄色の雄ずいが多数ある


稲に与えられた肥料を横取りして、たちまち繁殖して水田に広がるので
稲にとっては手ごわい雑草として、農家の人達に恐れられているが
日本では戦国時代に、このオモダカを『勝ち草』と呼んでいた事もあって
当時の戦国武将や大名家では、オモダカを意匠化した
『沢瀉紋』が家紋として使用された事もあったと云われている


2009.08.25 / Top↑