FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

道端でよく見られる野紺菊


秋の季節に道端で良くみられるノコンギクは
青い空の下に良く似合うキク科の草花で
9月から11月にかけて多数の頭花を散房状に付け
花の径は2cm程で、薄紫色の舌状花に囲まれ中央は黄色を帯びている


また、蕾の時の上部の色は、暗紅紫色を帯びているが
個体や生育環境によって、色には濃淡の変化があると云われている


そして、名前の由来は、野に咲いて花が紺色である事から
そのまま「野紺菊」と呼ばれる様になったと云われている

2009.10.27 / Top↑