FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

ハンノキの花



   はんの木の それでも花の つもりかな
                                          小林 一茶


ハンノキはカバノキ科ハンノキ属の落葉広葉樹の中高木で
湿潤で肥大な土壌を好み河川流域、湖畔等の湿地に生えている


名前の由来は「昔、稲を乾燥させるはざ掛け用に、水田の縁等に
植栽されたので、飯の木」から付けられたとも云われている


雄花序は、枝の先に数個付いて開花し、雄花は6cm程の大きさで
早春の花の咲き始めは直立しているが、沢山咲く頃になると垂れ下がり
垂れ下がっているのが雄花で、雌花は紅紫色を帯びた小さな球状で
雄花の下に付き、雄花は大量の花粉を出すので
今では花粉症の、春一番の原因木とも云われているので
花粉症の人は、この木に近寄らない方が良いかも
 

2010.02.11 / Top↑