デジカメを持って 西へ東へと・・・

湿地帯に咲くリュウキンカの花


先週、友達からリュウキンカの花を写しに行かないかとの連絡を頂き
自分は、今迄この花の名前すら聞いた事も無く
まして、どんな花なのか知らなかったので
ご好意に甘えてリュウキンカの自生地へ案内してもらった
  

リュウキンカは自宅から車で2時間程走った山里の公園内の
小さな池の中で太陽に照らされ
黄金色のキラキラした花を咲かせていた


リュウキンカはキンポウゲ科の多年草で
葉はフキの葉の様に丸く、浅い鋸歯があって
背丈は15~50cmで、春の季節に水辺や湿地等で
茎の先に2cm位の大きさの
やや光沢のある黄金色の花を茎先につけるらしい


2010.04.30 / Top↑