FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

<


画像の上でマウスON-OUTを繰り返すとチェンジします(画像2枚)

(トランジションのソースは sakura 様からお借りしました)



ムラサキカタバミは南アメリカ原産・カタバミ科カタバミ属の植物で
江戸時代の末期に観賞用として渡来したが
その後野生化して、現在では庭の隅や道端、田畑等で
5月から7月頃にかけて、その姿を見る事が出来る


葉の間から伸びだした花柄の先端に数輪の花をつけ
花の色は淡紅紫色で、前回紹介したイモカタバミと良く似ているが
ムラサキカタバミは花の中心部が淡黄緑色で
葯が白色である事から区別する事が出来ると云われている



2010.05.26 / Top↑