FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

先日、訪れた公園内の散歩道を歩いていたら
散歩道脇の花壇の中に細いトランペットの様な形をした
赤紅色の花が固まって咲いているのに気が付いた


なんと言う名前の植物かと思い
名札を探したが見つからなかったので
写した写真を基にネットで探してみると
どうやらこの植物はツキヌキニンドウの様だった


ツキヌキニンドウは北米原産のスイカズラ科・蔓性花木で
名前の由来は、花序の直ぐ下の葉だけは基部が合生して
一つの長楕円形になり、この葉から突き抜けて
花序が出来る事から付けられたと云われており
トランペット状の花は、開花直後は内側が黄赤色であるが
やがて、内側も外側と同じ赤紅色になると云う


性質は強健で、日当たりと水はけがよい場所を好み
日本へは明治時代に渡来し、赤い花が普通だが
オレンジ色やクリーム色、黄色、赤紫色等の多くの園芸種があり
庭木や生垣、鉢物等広い用途に使われているらしい




  画像の上でクリックするとチェンジします(画像3枚)               
( トランジションのソースはどんぐり様からお借りしました )

<
<
<


2010.07.07 / Top↑