FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

<

画像の上でマウスON-OUTするとチェンジしま~す(画像2枚)
( トランジションのソースは sakura 様からお借りしました )



たかまどの 野辺の容花
おもかげに見えつつ妹は 忘れかねつも
                              大友 家持


万葉時代には、詩にも詠まれている様に「容花(かおばな)」と呼ばれ
容姿端麗な女性を思い出させる程、美しい花とされていたヒルガオは
ヒルガオ科の多年生つる草で、漏斗状の薄ピンク色の花を1個開き
丘陵から野原、道端、垣根、荒地等に生え
現代では、このヒルガオは雑草扱いにされてしまっている
  

上記の写真は、先日訪れた公園内・散歩道コース脇の土手で
雑草の中に、花を数輪咲かせていたのを写したもので
この花は、ヒルガオだと思っているが
ヒルガオによく似ている「コヒルガオ」と云う種もあるので
この漏斗状の花がどちらかなのかは、自分では判定が難しい

 


2010.07.08 / Top↑