FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

先週、梅雨の晴れ間を利用して訪れた公園内のハーブ畑で
今迄、見た事が無いような非常に大きなアザミのような姿で
淡青紫色した花が咲いているのに気が付いた
なんと言う名前の植物だろうかと思い
近づいて名札を見たら「アーティチョーク」と書いてあった


家に帰って調べてみると、この花は地中海沿岸原産の
キク科・多年草の植物で、江戸時代にオランダから渡来したと云われ
元々は野生のアザミであったが、品質改良がなされて現在の姿となり
ヨーロッパやアメリカでは、広く食用とされているが
日本では、栽培条件が合わ無い事もあって
野菜として普及せずに、観賞用が多いと云われている


イタリア等では、「カルチョーフィ」と呼ばれ
開花前に採取して、大きな蕾の中心部に有る
柔らかい苞片と花托を一般的な野菜として
前菜等に使用し、食用にしているらしく
その味は、ユリネやジャガイモに似た舌触りがすると云われている

 


  画像の上にマウスONすると大きくなります
        (トランジションのソースは熊子さまからお借りしました)

<          
       <                  
             <


















2010.07.14 / Top↑