FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

植物の花は、朝咲き出して、夕方には閉じるのが
一般的だと思っていたが、決まって午後3時頃から
咲き出す花があると聞き、どの様に時間を計って
花を咲かせているのか疑問に思い
一度、この花を見てみたいと思っていたら
偶然、本日の夕方3時過ぎに散歩をしていた時に
この花が、空地で咲いているのを見つける事が出来た


この花は、熱帯アメリカ原産スベリヒユ科のハゼランで
明治の初期に観賞用として渡来したが
その後、野生化して帰化植物となり
現在では、野原や空地等でその姿を見る事が出来き
夏から秋にかけて、高さ30cm位の茎の先に
午後3時頃を過ぎると、径5?程の赤紫色をした
小さな5弁の花を咲かせ始め
暗くなるとまた閉じてしまう短時間咲く植物で
花の後には小さな赤い果実を付けると云われている


別名は、午後3時過ぎに咲き始めるので「サンジソウ」
そして、花後の赤い実が付いた姿を線香花火に見立てて
「ハナビグサ」とも、呼ばれているらしい



 画像の上でマウスON-OUTを繰り返すとチェンジします
(画像2枚)
( トランジションのソースは sakura 様からお借りしました )

<



2010.08.16 / Top↑