デジカメを持って 西へ東へと・・・

主に夏に花を咲かせるアブチロン



熱帯や亜熱帯原産の半つる性花木のアオイ科「アブチロン」は
日向と水捌けのよい場所を好み
一般の熱帯植物に比べて、耐寒性が強い植物で
主に、夏の季節に花を咲かせるが
花は春から秋まで咲き、冬季でも気温が
10℃以上の暖地では開花すると言われている


葉は長三角形で、赤い筒状の萼が良く目立ち
萼の下の方から黄色い花が顔を少し出し
この花姿が、ランプを吊り下げた様に見えて可愛ので
「チロリアンランプ」とか、また釣り浮きに似た花姿から
「ウキツリボク」との別名が付けられている


このアブチロンの花が、肌寒くなって来た先週辺りから
また、新しい花が数輪咲くようになってきた



2010.10.31 / Top↑