FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

<
<


画像の上でクリックするとチェンジします(画像5枚)
( トランジションのソースはますたー様からお借りしました )


葉が出る前の早春の頃に、近縁種のトサミズキに続いて
小さくて黄色で釣鐘型の花を枝一杯に咲かせるヒュウガミズキは
マンサク科の落葉低木で、公園等によく植えられている

トサミズキは7~8個の花を、穂状花序に下垂させているが
ヒュウガミズキは2~3個の花からなり
短くて黄色の五弁花の向きはマチマチで、花序は丸みを帯び芳香があり
トサミズキの花に比べると少し小さくて
雄しべの先の葯は、トサミズキは暗赤色しているが
ヒュウガミズキは黄色をしている





2011.04.03 / Top↑