FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・







<
<

<<<
たらい舟の乗り場1/10

画像の上でクリックするとチェンジします
( トランジションのソースは non_non 様からお借りしました )


その昔、松尾芭蕉が書いた紀行文
「奥の細道」の結びの地として知られている
大垣市では3月26日から3月31日まで「たらい舟・川下り」が行われ
地元はもちろん、他府県の人達もこのたらい舟に乗り
大垣城の外堀として築かれた水門川に沿っての
約1km、40分の舟旅をのんびりと楽しんでいた

例年であれば、満開になった桜を眺めながめ
春の景色を楽しみながらの舟旅になっていたが
今年は桜の開花が遅く、まだ蕾の状態が多くて
まだ数輪しか桜の花が咲いておらず
チョッピリ残念な川下りとなってしまった

この「たらい舟・川下り」は大垣市観光協会が主催し
戦国時代の天下分け目の決戦と云われている
「関ヶ原合戦」の時、石田三成に仕えていた
山田去歴の娘「おあむ」も、家族と共に大垣城にたてこもり
大垣城落城の前日に、家族は密かにたらい舟に乗って
お堀から城を抜け出し、戦火を逃れたと云う
「おあむ物語」伝説に基づき
2003年から全国的にも珍しい
たらい舟による川下りが始まっている



2011.04.05 / Top↑