FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

3月下旬の頃から、茎の先に1本の穂状花序を出し
ブラシ状の小さな白い花を付けるヒトリシズカは
センリョウ科の多年草で、高さが10~20cm位
茎の色は紫褐色をしていて、葉は4枚が輪生状に付き
光沢があって、縁には鋸歯が付いている

無数の奇岩怪石が群立し、古世代2畳紀石炭紀の
造成なる石灰岩層露出面が、長期に及び
自然風化の妙見を現している岩巣公園に
このヒトリシズカの自生地が在って
見頃を迎えていると聞き、3月の下旬に友人達と現地を訪れ
珍しいヒトリシズカの花をゆっくりと見てきた


岩巣公園を訪れた時の様子を期間限定のデジブックで
作成しましたのでお時間がございましたらご覧下さい。
         (5月6日削除予定)




2011.04.11 / Top↑