FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

<<


画像の上でクリックっするとチェンジします(画像6枚)
( トランジションのソースは熊子さまからお借りしました )


低地から山地の半日陰から日陰を好む
フッキソウはツゲ科の常緑多年草で
太目の茎が横に広がり、そこから枝を立ち上げ
多数の葉が螺旋状についている
このフッキソウの姿が先日訪れた山里の
林縁の木陰で見る事が出来た

フッキソウは、茎頂に4本の太い雄しべからなる雄花を蜜に付け
基部にヤギの角の様に2つに分岐した雌花が5~7個付き
両方共花弁が無くて、4個の萼片があり
白い花の様に見える部分は雄しべが束状になって集まったもの

葉が常緑で良く成長して、株が増えていく様子を
「富」が増すとみなし、秋に出来る乳白色の丸い果実を
白い真珠の様な貴金属とみなして、「貴」の字を当てて
「富貴草(フッキソウ)」と、名前が付けられたと言われており
また常に青々した葉を付け、絶えないところから
その姿を「繁栄」になぞらえて付けられた
別名の「吉祥草(キチジョウソウ)」と云う
縁起の良い名前も、この植物には付けられている



2011.04.21 / Top↑