FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

<
<

 画像の上でクリックするとチェンジします(画像5枚)
( トランジションのソースは ますたー 様からお借りしました )


今年の5月にGWを利用して四国・香川県に住む友人宅を訪れた時
庭先に淡い黄色をした径が2cm位の薄黄色の八重の花が
沢山咲いているの気が付き、友人に尋ねたら
「モッコウバラ」だと教えてもらった

バラにしては枝に棘が無いし、初めて聞く名前だったので
家に帰ってから調べてみると、このモッコウバラは中国原産
バラ科の常緑ツル性低木で、枝には棘が無いと書いてあった

バラの中でも蔓が細く、柔らかいので誘引も楽で
庭園等でアーチやフェンス等に用いられ
江戸時代から庭園等で用いられている馴染の樹木だった

花色は白色か淡い黄色で、それぞれに一重咲きと八重咲があり
一般的にモッコウバラと言った場合には、淡い黄色の八重咲を指し
因みに、八重の淡い黄色のモッコウバラは秋篠宮家第一女子
眞子内親王さまの「お印」であると、書いてあった




2011.05.14 / Top↑