デジカメを持って 西へ東へと・・・

<<
画像の上でクリックするとチェンジします(画像10枚)
( トランジションのソースは donnguri 様からお借りしました )


昨年岐阜駅裏の清水川緑地公園で
初めて、「センダン」の花を見つけた時は
見頃を過ぎていて、綺麗な花を見る事が出来なかったので
今年は、咲き始めの花を是非見たいと思い
5月に入ってか、ら時々様子を観に訪れていたが
中旬頃から花が咲き始め、念願の綺麗な花を
見る事が出来たが、当日は風が少し吹いていたので
風で花が揺れ、撮影するにはやや難しい状態だった

「センダン」は初夏の季節に、茎頂に円錐花序を付け
淡紫色の小花を沢山付け、萼片と花弁は共に5枚で
花糸は筒状に付いていて、花が散りやがて秋になると
楕円形の黄色の実となり、落葉の後も木に残っていて
果実は薬用に、実の核は数珠に使われ
樹皮は駆虫剤に加工されると云われている



栴檀(せんだん)は双葉より芳し

の諺の中の「センダン」とは、「ビャクダン」の事で
香木の「ビャクダン」は、「芽生えた時から既に良い香りを放つ」事から
「才知の優れた人は、幼少の頃から
既に並外れた素質を表す」に例えたものらしい



2011.06.01 / Top↑