FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

<<

画像の上でクリックするとチェンジします(画像12枚)
( トランジションのソースは 熊子さまからお借りしました )



「谷汲さん」の愛称で親しまれている「谷汲山・華厳寺」は
豊然上人の協力のもとに、798年(延暦十七年)に
会津の豪族である大口大領が創建したと伝えられ
その後醍醐天皇や朱雀天皇、花山法皇、後白河法皇を始めとする
皇室や朝廷からの帰依を厚く得て、古より観音信仰の霊験あらたかな
美濃の名刹として1,200年余に渡って絶え間ない信仰を集めている

この華厳寺は、日本最古の観音霊場である
「西国三十三ケ所観音霊場」の第三十三番札所でもあり
結願・満願霊場としても知られており
春には桜、秋には紅葉の名所として賑わいをみせている

桜が見ごろを迎えた15日に、このお寺を訪れたが
本殿へと向かう参道脇の桜並木は、丁度見頃となり
多くの観光バスが訪れ、参道は多くの観光客であふれ
参道脇に在る食堂や土産物店は、大変な賑わっていた





2012.04.23 / Top↑