デジカメを持って 西へ東へと・・・

<<

画像の上でクリックするとチェンンジします(画像6枚)
( トランンジションのソースは 熊子さまからお借りしました )



メキシコを中心として、熱帯アメリカに約37種が分布していると云われている
キク科の「メランポジューム」は、高温多湿に強く真夏でも元気なので
夏花壇等によく用いられているが、日本で多く栽培されているのは
「メランポジューム・パルドスム」の園芸品種だと云われ
春にタネをまいて、夏から秋迄の長い期間花を楽しむ事が出来
今の時期最盛期を迎えた様で、株が埋まるくらい沢山の花が咲いている

「メランポジューム」の草丈は、30cm~40cm位になり
茎は細かく枝分かれしてクッションの様にこんもりと茂り
花は黄色をした径3cm位で。緑色の葉とのコントラストが非常に良く
真夏に咲く「メランポジューム」の花姿は、爽やかな印象を受ける





2012.08.29 / Top↑