FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・

<
<


画像の上でクリックするとチェンジします(画像5枚)
( トランジションのソースは ますたー様からお借りしました )



          忘れ草 我が紐に付く時となく
            思ひわたれば 生けりともなし

                                                              作者不詳・万葉集
   忘れ草とは萱草(かんぞう)の事で
      「私の憂いを忘れると云うその草を、着物の下紐(肌着の上に結ぶ紐)に付けたけれども
      こんなにのべつ幕無しにあの人の事を想い続けていたのでは、生きた心地もしないもの」の意


「ノカンゾウ」は、日本各地の野原や田の畔、溝の縁等の湿った場所で
夏の季節に葉の間から70~90cmの花茎を出し
上部に径7cm位の橙赤色から赤褐色をしたユリに似た6弁花で
一重の花を花を数個咲かせ、花筒は長さ3~4cmで
「ヤブカンゾウ」より細くて長く、花は朝咲いて
午後には萎んでしまう一日花だが、花は次々と咲き
ちなみに「ヤブカンゾウ」は八重咲きの花を咲かせる

この「ノカンゾウ」に似た花には、八重咲きの「ヤブカンゾウ」や
高原で黄色の花を咲かせる「ニッコウキスゲ」と
夕方から咲く「ユウスゲ」等が有ると云われている


2012.09.25 / Top↑