デジカメを持って 西へ東へと・・・

<
<


画像の上でクリックするとチェンジします(画像4枚)
( トランジションのソースは donguri様からお借りしました )


好天に恵まれた先週の或る日に近くの公園を午後から訪れた時の事
公園に隣接する川のコンクリート柱の上に、「カワウ」と「カモ」が
仲良く並んで数匹止まっているのに気づき、良く見てみると
川の中では数匹の「カモ」が楽しそうに泳いでいた

鳥綱ペリカン目ウ科の鳥である「カワウ」は、全身黒褐色をしており
主に河川や湖沼等に生息し、「カワウ」は群れで溜まる場所を幾つか持ち
ここで休息と睡眠をとり、夜明けには採餌の為に隊列を組んで餌場に向かい
夕方になると再び群れでねぐらに戻り、群れでの飛翔時には
V字形に編隊を組んで、空高く飛ぶ事が在ると云われている

一方の「カモ」はカモ目カモ科の鳥で、中型から小型の水鳥あり
湖沼や沿岸部に棲み渡りをするが、一部は一年を通じて一ヶ所に留まっており
ずんぐりした体型でくちばしが横に平たくて、足の指には水かきがあリ
歩くのはあまり得意では無いらしく、プリケツで尾をフリフリしながら
よちよち歩く仕草の後姿を見ると、とても可愛いが
「カモ」という鳥は鳥類の中でも比較的捕まえ易く
「デコイ」と呼ばれる囮を使ったデコイング猟から、騙されやすい鳥として知られ
この事から「騙しやすい人」や「利用しやすい人」の事を、「カモ」と云い
「カモにする」は、簡単に詐欺にひかかる人、度々詐欺に遭う様な人を指して使う事が多く
人間社会の中でお付き合いする時は、「カモにならない様」に十分な注意が必要だ


・・・「カワウ」や「カモ」に付いての記述は、一部Yahoo!百科事典から引用させて頂きました・・・



2012.10.31 / Top↑