デジカメを持って 西へ東へと・・・


国営・木曽三川公園では、1月28日から3月12日迄
「ウインターチューリップ祭」が、開催されいると聞き
冬の季節に、花の咲くチューリップは珍しいので
そろそろ見頃を迎えていると、小生が予想した3月初めに
この公園を訪れて、チューリップを眺めてみると
予想よりも開花が遅れていて、まだ4~5分咲きの状態で
蕾の姿も多くみられる状態でしたが、今回は時間を割いて訪れたので
開花しているチューリップを主に、花色の異なったチューリップの花を
1時間余カメラで写してから、早めに家へと帰って来ました

この「ウィンターチューリップ」は、品種が特別に違う訳では無くて
普通のチューリップの球根に、冬になる前に低温状態を
人為的に体験(低温処理)させて、より早く開花を促すと云う
促成栽培技術を使ったチューリップの事で、チューリップの球根は
冬の寒さを体験し、暖かさを感じると発芽が促進されるので
冷蔵処理をした球根を、11月上旬から11月中旬頃迄に植栽すると
冷蔵庫の中にいた時より冬の季節でも、気温を暖かく感じるので
チューリップは春が来たのだと勘違いをして、花を咲かせてくれて
寒い季節なので、花は1ヶ月位の長い期間咲いていると云われ
この冬の季節に花を咲かせるチューリップは、「アイスチューリップ」や
「冷蔵チューリップ」、「ウィンターチューリップ」等と呼ばれて
冬のガーデニングに於いて、人気が高いと云われています

・・・「ウィンターチューリップ」の記述に付きましては、当日公園で頂いたパンフレットを参考にさせて頂きました。・・・


「ウィンターチューリップ祭」を観に行った時の様子を纏めて
デジブックを作成しました。
お目に留まり、ご高覧頂ければ嬉しいです。






2017.03.10 / Top↑