デジカメを持って 西へ東へと・・・



昨日の夕方に用事を済ませて、外出先から自宅へ戻りパソコンの電源を入れて
メールの確認を行うと、独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)から
『セキュリティ対策情報「緊急対策」・「注意喚起」』のメールが届いていましたので・・・



内容を確認すると、「Microsoft 製品の脆弱性対策について」と
「Adobe Flash Player の脆弱性対策について」、「 Adobe Reader および Acrobat の
脆弱性対策について」の、3項目が書いて有りましたので・・・



更に詳細を確認すると、2017年4月12日(日本時間)に Microsoft 製品に関する
脆弱性の修正プログラムが公表され、これらの脆弱性を悪用された場合には
アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によって
パソコンが制御されたりして、様々な被害が発生する可能性が有るので
至急、修正プログラムを適用して下さいと書かれていて・・・



そして、2017年4月12日(日本時間)にアドビシステムズ社のAdobe Flash Playeに関する
脆弱性が公表されて、これらの脆弱性を悪用された場合には
アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によって
パソコンが制御されたりして、様々な被害が発生する可能性が有り
アドビシステムズ社からは、「攻撃対象になるリスクが比較的高い
脆弱性」としてアナウンスがされている為に、至急修正プログラムを
適用して下さいと、書かれていて・・・



そして最後には、アドビシステムズ社の Adobe Reader および Acrobat には
PDF ファイルを閲覧する事で。任意のコード(命令)が実行される脆弱性が存在し
 これらの脆弱性を悪用された場合には、アプリケーションプログラムが
異常終了したり、攻撃者によってパソコンが制御されたりして
様々な被害が発生する可能性が有り、アドビシステムズ社からは
「過去に攻撃リスクが高いとされた事の有る脆弱性」として
アナウンスがされている為、至急修正プログラムを適用して下さいと
書かれていましたので、これら3個のソフトのアップデートを順番に実行して
何れのソフトも最新版に成ったのを確認して、対策を済ませておきました


・・・各プログラムの脆弱性に付いての記述は、IPA様のHPを参考にさせて頂きました。・・・



2017.04.14 / Top↑