デジカメを持って 西へ東へと・・・




昨日の朝食後にパソコンの電源を入れて、小生宛に届いているメールを確認すると
IPA Webサイトから「メールニュース配信」で、「セキュリティ対策情報」を
送信して貰う様に登録してある「独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)」から
【セキュリティ対策情報[緊急対策]/世界中で感染が拡大中のランサムウェアに
悪用されている Microsoft 製品の脆弱性対策について】との件名が書かれた
メールが届いていましたので、詳細を確認すると、日本時間の3月15日に
Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラム(MS17-010)が公表され
この脆弱性がランサムウェアの感染に悪用されて、国内を含め世界各国で
被害が確認され、英国では医療機関に於いて業務に支障が出る等の
深刻な影響が発生しており、ランサムウェアに感染すると
コンピュータのファイルが暗号化され、コンピュータが全く使用出来無い等の
被害が発生する可能性が有るので、Microsoft 社から提供されている
修正プログラムを至急適用して下さいと書かれていて・・・



そして週明けとなった昨日には、「今回のランサムウェアは添付ファイルを開封させて
感染させる等の方法が用いられていると、報道されていますので
不審なメールの添付ファイルの開封やリンクをクリックしない事と
Microsoft社から提供されている修正プログラムを適用して脆弱性を解消し
自分がパソコンへ導入しているウイルス対策ソフトをアップデートして下さい」と
書かれていましたので、早速小生のパソコンの更新プログラムを確認すると
「お使いのデバイスは最新の状態です」との表示が出たので、次にウィルス
対策ソフトのアップデートを確認すると、「アップデートはありません」と
表示されて、最新版である事が分かりましたが、昨夜のテレビニュースでは
世界中で猛威を振るっているランサムウェアが、日本でも感染が広まり
日立製作所とJR東日本は、一部のシステムでランサムウェアの感染を確認したと
伝えていましたので、今後もランサムウェアに感染しない様に各自が対策をとる事と
例え友人や知人からのメールでも、メールの閲覧や添付ファイルを開く時には
慎重な対応と、細心の注意をする必要が有るとの思いを新たにし・・・



また今朝届いた新聞を読むと、各国で相次いだサイバー攻撃で使われた
コンピュータウイルスによるとみられる被害が、日本国内でも拡大し
5月13日から14日にかけて、国内でウイルス感染したパソコンが
約600ヶ所2,000端末に上がり、今回使われたランサム(身代金)ウエアと
呼ばれているウイルスには「ワナ・クライ(泣きたい)」と云う名前が付けられ
パソコンの中のデーターを暗号化して読めなくし、「元に戻して欲しければ
金銭を払え」と脅迫するもので、OSやセキュリティ対策ソフトのアップデートを常に行って
最新の状態にして置く事と、重要なデータのバックアップが大切だと書かれていました



2017.05.16 / Top↑