デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像10枚)・・・


岐阜県大垣市内のひまわり畑は、休耕田を有効利用する事によって
水田農業の振興と地域の活性化を図る事を目的とし、平成2年から毎年場所を変えて
実施していて、今年は平町と墨俣町の2地区で開催されていますが
その中の平町のひまわり畑は、他の名所のひまわり畑とは違う魅力が有って
それは東海道新幹線の列車がひまわり畑の直ぐ後ろを絶え間なく走っている事で
運が良ければ、黄色い車体でその役割から「新幹線のお医者さん」とか
「見ると幸せになれる」と云われ、「ドクターイエロー」の愛称で呼ばれています
正式名称「新幹線電気軌道総合試験車」の走行日と、ひまわりの見頃が上手く合えば
「ドクターイエロー」とひまわりの、コラボ景色を見る事が出来ますので
晴れの天候に恵まれた昨日は、8月の最後と成りますのぞみダイヤでの
ドクターイエローが上り検測・走行予想日で、ひまわりの様子を見がてら
走行予定時間の1時間程前に現地に着くと、最初に蒔いた方のひまわりは
先回の台風の影響を受けて、殆んどのひまわりが倒れてしまった状態でしたが
日にちをずらして2回目の種を蒔いたひまわり畑は、花が丁度見頃の状態で
黄色いひまわりの花が多く見られて、多くの人達がひまわり畑を取り囲み
小生も撮影場所を確保して、カメラを設置した後に試し撮りをしながら待っていると
ドクターイエローが予想時刻通りに姿を現し、夢中でシャッターを押して
ドクターイエローとひまわり畑のコラボ景色を写す事が出来ました



2017.08.31 / Top↑