FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・




本日の夕方から「一般社団法人・セキュリティ対策推進協議会」の
セキュリティ情報のページを見ていると、8月24日と30日付で
「Appleをかたるフィッシング」と書かれたページが続けて有り
詳細を確認すると、24日付の方には「偽の請求書でApple IDが盗まれる?
Appleをかたる添付ファイルつきメールにご注意!」との見出しで
「Appleをかたるフィッシングメールが出回っているので
Apple IDを持っている人は、ご注意下さい!」と書かれ
「ご購入ありがとうございます 」等の件名で、Appleをかたる
偽メールが出回っていて、Apple IDで購入した商品を
キャンセルする為に、添付ファイルを開かせようとして
添付ファイルを開くと、キャンセルの為のリンクには
フィッシングサイトに誘導するURLが含まれていて
「この購入をキャンセルするには、こちらをクリックして下さい」等と
書かれていて、このリンクをクリックさせる事で
フィッシングサイトへと誘導し、IDやパスワード等の
入力画面が表示されて、これらの情報を入力すると
Apple IDのアカウントの情報は、全て盗まれてしまう事に
成ると書かれ、そして30日付の記事には「Appleから
偽の領収書が送られてきて、キャンセルしようとすると
情報が盗まれる!」との見出しで、やはりキャンセルの為の
リンクには、フィッシングサイトへ誘導するURLが含まれていて
キャンセルしようと思いクリックすると、フィッシングサイトへ誘導されて
IDやパスワード等の入力画面が表示され、この画面は
フィッシングサイトなので、これらの情報を入力すると
Apple IDのアカウントの情報は、すべて盗まれる事に成り
この画面は本物のサイトを、丸ごとコピーして作っている
ケースが多い為にこの画面迄行ってしまうと、見ただけでは
本物との区別がつけ難く、仮にApple IDが盗まれると
自分が iCloud に保存しているデータにも、アクセスされてしまい
iCloud に、クレジットカードを登録している場合には
勝手に、クレジットカードを利用される可能性も有るので
「Apple ID等の確認をしたい時は、必ずAppleの公式サイトから
行う事が必要であり、今後も類似のフィッシングサイトが
公開される恐れがあるので、引き続き注意して下さい」と書かれ
また、8月21日には「Amazonをかたるフィッシング」も発生していて
巧妙な新しい手口が出ていますので、フィッシング詐欺の被害者に
成らない為に充分注意をし、慎重なる対応が必要だと思いました


2017.09.04 / Top↑