FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・


樽見鉄道は、1984年に旧国鉄から樽見線を引き継ぐ形で第三セクターとして
運行が開始された鉄道会社で、路線は大垣駅~樽見駅間の34.5kmであり
運行開始当初は、積極的な増発策やセメント輸送等が功を奏して
第三セクターと成った路線の中でも、順調な滑り出しを見せたものの
2006年にセメント輸送が終了すると、経営が徐々に苦しくなり
廃止についての議論も行われましたが、その後の沿線市町村による支援や
シシ鍋列車、薬膳列車等、イベント列車の運行等を始めとした経営努力により
単年度での最終損益が黒字に転じて、支援を受けてきた沿線自治体から
今後の経営について注視され、そしてこの樽見鉄道は沿線の山及び
根尾川の渓谷に沿って走っていますので、春の季節には桜が
そして夏の季節には新緑の山々が、秋には綺麗な紅葉が
また冬には雪景色等、四季折々の美しい景色を楽しむ事が出来
そして終点の樽見駅付近には、三大巨桜・日本五大桜のひとつに数えられる
「淡墨桜」が在って、開花シーズンは「桜ダイヤ」という特別ダイヤで運行され
多くの観光客が訪れたり、樽見鉄道と桜のコラボ写真を写す撮り鉄の人達が
県内外から多く訪れ、桜が見頃を迎えると大変賑わいを見せていますが
秋の季節を迎えると沿線では、彼岸花やコスモス、季節遅れのひまわり等の
花と一緒に列車を写す事が出来ますので、小生は彼岸花と列車の写真を中心に
コスモスやススキ等と列車を一緒に写す為、秋色を探しながら樽見鉄道沿線を巡り歩き
その時写した画像を纏めて、デジブックを作成しました


・・・樽見鉄道のデジブックは、こちらからご覧頂けます。・・・


2017.10.10 / Top↑