FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・



数日前の夕方にメールをチェックして居ると、小生がユーザー登録してあります
パソコンメーカーから、「怪しい広告や見知らぬ画面が表示されるのを防ぐには?」との
件名が書かれたメールが届いていましたが、メーカーを名乗る騙しのメールかもしれないので
念の為にそのメールは開かないで、パソコンメーカーのHPを訪れて
「パソコン活用情報」内の、「アドウェア対策に付いて」のページを確認すると
パソコン内にインストールされて、広告を表示する様なプログラムを総称して
「アドウェア」と呼び、似た様なプログラムにパソコン内の情報を収集し
勝手に送信する「スパイウェア」もありますが、ある日突然パソコンの画面上に
怪しい広告や見慣れない表示で「ウイルスを検出しました!今すぐ対策してください!」等の
画面が表示される事例が増えていて、この様な現象は「アドウェア」や
「スパイウェア」が関係していて、「アドウェア」の全てが悪いと云う事では無いものの
セキュリティ対策ソフトで有るかの様に装って、不安をあおり
偽物のセキュリティ対策ソフトの購入を促す等、悪質な「アドウェア」が
存在する事が問題になっていますので、怪しい広告やウェブサイトを
勝手に表示させる「アドウェア」と云うプログラムが存在している事を
事前に知っておかないと、不要なアプリケーションを購入させられたり
個人情報を入力してしまう被害が拡大して、ウイルスに感染したりする事が考えられ
「アドウェア」は、パソコンにインストールされる事で動作し
悪質な「アドウェア」の場合は、アダルトサイトや出会い系サイト等を閲覧した際に
意図しないまま「はい」や「OK」をクリックする事で、勝手にインストールされる場合も有り
また無料のアプリケーションソフトを、ダウンロード・インストールする時にも
一緒にインストールされたり、メールの添付ファイル等を開く事で
インストールされたりする事も有りますので、万が一インストールされてしまうと
身に覚えの無いセキュリティ対策ソフトの画面が表示されたり
ブラウザを開いた時の最初に表示されるページが変更されて、元に戻せ無く成ったり
広告やアダルトサイトが勝手に表示され、閉じても繰り返し表示される様に成ってしまうので

                1.アダルトサイトや出会い系サイトには、アクセスしない
            2.無料のアプリケーションを、むやみにインストールしない
            3.少しでも怪しいと思われる広告やリンクは、クリックしない
            4.添付ファイルを開く前に、提供元が信用出来るか等をよく確認する
            5.Windows Updateを実行して、パソコンを常に最新の状態にして置く
            6.セキュリティ対策ソフトの有効期限が過ぎていないか
             また、最新の状態で有るかを確認する


「アドウェア」がインストールされるのを防ぐ為に、上記6項目が書かれていましたので
小生も即実践して、「アドウェア」等の被害に遭わない様にしようと思いました


2017.10.27 / Top↑