FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・





本日の勉強会は最初に、今まで数回に渡って勉強して来ました
「One Note」の復習として、文字等の入力とコンテナの分割・結合や
「ホーム」、「挿入」等のタブとリボンの機能に付いて再確認をした後に
2011年に、Microsoft の一事業部門と成った「Skype」に付いて新たに学び
「Skype」は相手と遠く離れていても、何時でも一緒に音声通話や
ビデオ通話、インスタントメッセージ等が出来るソフトで有り
小生も10年位前から使用し、遠く離れた友人等と会話を楽しんでいますが
本日勉強した所に依れば、Windows 10 用の「Skype」には
「Skype for Windows デスクトップ」と 「Skype for Windows 10」 と云う
2 種類の Skype が利用出来ると聞き、小生は1種類だけだと思っていて
初耳だったので、情報を聞き漏らさない様に注意して聞き・・・



小生は今迄全てのプログラムを開いてから、青色の背景で白い雲の中のSの字が
やはり青色の「Skype」をクリックして使っていて、この夏頃からSkypeの通話を行う画面が
今迄使っていた画面と、異なっているのに気が付き・・・



その違いとは、今まで画面の上部に表示されていた「連絡リスト」や「会話」
「通話」等のタブが全く表示され無く成った事で、「画面の共有」等の設定を
何処で行ったら良いのか分からず、「Skype」をアップデートした事で
これらの項目が勝手に無くなったのだと、自分なりに解釈していましたが
今日の勉強会では「Skype」には2種類在って、小生が現在使っているのは
「Skype for Windows 10」で有った事が分かり・・・



もう一つの「Skype for Windows デスクトップ」を開く為に、全てのプログラムから
黄色の「Skype」のフォルダをクリックすると、すぐ下に青色の雲の形をして
その中に有るSの文字が白色の「Skype」アイコンが表示され
これをクリックすると、やはり「Skype」の画面が開いて、・・・



画面の上部には「連絡リスト」や「会話」、「通話」等のタブが表示されて
以前の見覚えの有る画面に成り、これが「Skype for Windows デスクトップ」の
画面である事が分かり、小生にはこちらの方が使い易いので
これからは「Skype for Windows デスクトップ」のソフトを開いて
「無料通話」や「画面の共有」を利用して楽しみたいと思い
本日「Skype 」には2種類のソフトが有る事が分かり、大変勉強に成りました




2017.11.06 / Top↑