FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・


・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像7枚)・・・


本日の午前中に近くの公園を訪れて、公園内を散策していると
公園縁の樹木に、「ツルウメモドキ」が絡み付き
果実が沢山出来ているのに気が付き、良く見ると果皮が割れて
数は少ないものの、赤い実が既に顔を出していました

「ツルウメモドキ」は山野に自生しており、ツルが他の樹木等に絡んで生長する
ニシキギ科のツル性・落葉低木で、5月~7月頃に成ると五弁の黄緑色の花を
10個位集散花序に咲かせるものの、花はあまり目立つ事が有りませんが
秋の季節に成り鈴なりに付いた果実が黄色く熟し、晩秋から初冬の頃に成ると
黄色くなった果皮が3つに割れて、赤橙色の仮種子が顔を出して
熟した真っ赤な実と黄色い仮種皮のコントラストが大変美しいので
生け花の花材としても良く使われていて、また「ツルウメモドキ」の
名前の由来は、ツル性で赤い果実がモチノキ科の「梅擬(ウメモドキ)」に
似ている事から、そして「梅擬」は多くの枝を出す樹姿や葉の形が
梅に似ている事から、この名前が付けられたと云われています


・・・「ウメモドキ」の記述に付きましては、「植物図鑑 Weblio辞書」様のHPを参考にさせて頂きました。・・・



2017.11.09 / Top↑