FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・



本日の昼食後に、パソコンの電源を入れてメールをチェックすると
独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)から、セキュリティ対策情報・緊急対策の
メールが届いていましたが、もしかしてIPAの名前を使った悪意のある
騙しのメールかも知れないと、疑いを持ちましたので・・・



メール内に書かれていたリンクの箇所はクリックしないで、直接IPAのHPを開き
「情報セキュリティ」のページを開くと、「Adobe Flash Player の脆弱性対策について」と
書かれた記事が有りましたので、メールの情報は正しかったと思いましたが
その記事を読んでみると、「2018 年 2月2日(日本時間)にアドビシステムズ社から
「 Adobe Flash Player」 に関する脆弱性(APSA18-01)が公表されて
「これらの脆弱性を悪用された場合には、アプリケーションプログラムが
異常終了したり、攻撃者に依ってパソコンが制御されたりして
様々な被害が発生する可能性があります」と、書かれていましたが
「この修正プログラムの公開は、早ければ 2018 年2月5日 (米国時間)にと
ベンダより報告されています」とも、書かれていましたので・・・



修正プログラムが公開される迄、「Adobe Flash Player」を
一時的に無効化に設定変更する、緩和対策をしておこうと思い
小生が使用しているブラウザ・「Google Chrome」の設定項目を開いて
「詳細設定」から「コンテンツの設定」を開き、「Flash 」を選択してから
「最初に確認する(推奨)」が、「ON」に成っていたのを「OFF」へと変更し
一時的なブロックを行い、修正プログラムが公開される迄待つ事にしました






2018.02.02 / Top↑