FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・



・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像4枚)・・・


小生は今年自宅の畑で、果皮は全体に美しい紅色をしており
果肉はクリーム色で粉質で有り、焼く等の加熱すると黄色くホクホクとして
上品な甘さの焼き芋に成ると云われていますサツマイモ「鳴門金時」と
矢張り果皮が紅色をしていて、果肉の色は黄白色をしたやや粉質で
加熱するとしっとりとした食感に成り、焼いた時の甘さはあの安納芋とも
比較される程に、大変甘くて美味しい焼き芋に成ると云われて
最近注目されていますサツマイモ「紅はるか」の2品種を育てて
11月25日から27日にかけて収穫作業を行い、収穫したサツマイモは
数日間太陽の陽に当ててから、サツマイモを1個づつ新聞紙で包んでから
段ボール箱の中へ入れて、風通しの良い場所で保管して置いて
サツマイモのデンプンは時間が経つと糖分に変わり、甘みが増し
一般的には、風通しの良い日陰で2週間以上置くと甘みが
出て来ると云われていますので、本日は雨が一日降り続き
そして、サツマイモを収穫してから10日位経過しましたので
今年収穫したサツマイモを、天ぷらにして味見をしようと思い
午後から「紅はるか」のサツマイモを数個、保管場所から取り出して
サツマイモに付着した土をよく洗い流した後に、1cm幅位でスライスし
水に中へ浸けてあく抜きをしてから、天ぷら粉と水をよく攪拌して
作った衣をサツマイモに付け、凡そ180℃に熱した油の中へ入れて
揚げ具合を時々確認しながら、竹串がスゥッと刺さる位迄揚げて
サツマイモの天ぷらを完成させて、早速出来立ての味見をしてみましたが
保存期間が短かった為なのか、甘味が期待した程無かったので
後10日間程経過した後に、もう一度味見をする予定をしています




2018.12.06 / Top↑