FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・




12月6日のお昼過ぎにメールを確認すると、独立行政法人・ 情報処理推進機構(IPA)から
「Adobe Flash Player の脆弱性対策について」との件名で、セキュリティ緊急対策情報が届き
「この脆弱性を悪用した攻撃が確認されているとの情報が有る為、至急更新プログラムを
適用して下さい」と、書かれていましたので・・・



詳細を確認する為に、IPAの「情報セキュリティ」のページを開くと
「Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB18-42)(CVE-2018-15982等)」と
書かれたページが見つかり、対象バージョン番号が書かれていましたので・・・



今回の脆弱性が存在するAdobe Flash Player のバージョンを確認すると
小生が使用しています「Adobe Flash Player for Google Chrome」にも
脆弱性の有る事が分かりましたので、更新作業をしようとしましたが・・・



Google Chromeはデフォルトで、Flashコンテンツの再生に利用する「AdobeFlash Player」を
Chrome本体に統合している為に、新しいバージョンのFlash Playerが
開発元のAdobe Systemsから提供されると、Chrome本体が備える更新の仕組みに依って
組み込まれているFlash Playerも自動的に更新されますので、本来はChrome向けに
「AdobeFlash Player」を個別にインストールしたり、更新したりする必要は無いものの
「AdobeFlash Player」に、緊急性の高い脆弱性が急遽公開されたりした場合には
「アップデートを確認」のボタンをクリックして、「AdobeFlash Player」を
個別に更新する事も出来ますので、小生は今回個別のコンポーネントを開いて
Google Chromeに組み込まれた「AdobeFlash Player」を個別に更新して
バージョンを「32.0.0.101」へと変更し、この番号は6日に連絡の有りました
脆弱性の有る番号とは異なり、IPAから6日届いた「Adobe Flash Player」の脆弱性対策は
これで無事に終わったのではないかと、小生は思いましたが・・・



小生が利用していますブラウザ・Google Chromeも、念の為に更新作業を行って最新版へと変更し
またWindows 10 用 Microsoft Edge は、「Adobe Flash Player 」の機構を統合していて
「Adobe Flash Player」 単独でのアップデートが出来無いので、12月度の月例Windows Update の時に
自動的に最新バージョンの「 32.0.0.101」 に、更新されるだろうと小生は思っています



2018.12.10 / Top↑