FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・




ジャガイモは、それほど手をかけなくても比較的簡単に育てる事が出来る
初心者向きの野菜なので、小生が家庭菜園を初めた数年後から育て始め
今年も育てる為に、「メークイン」と「男爵」の2品種の種イモを3月中旬に
近くの農芸店から購入して来ましたが、その後には寒の戻りが有って
中々種イモを畑へ植え付ける事が出来ず、時期が遅れていましたが
当地では、先週末頃から少し暖かさが感じられる様に成って来たので
芽出しをすると種イモをそのまま植え付けた時よりも、発芽が揃って
その後の生育が良くなると聞いていましたので、種イモの芽出しをする為に
晴れの日の昼間だけ日当たりのよい場所へ、新聞紙を敷いて
その上に種芋を5日間位並べて、芽出しをしていたら・・・



2品種の種イモから、新芽が次々と出てきましたので・・・



晴れの天候と成りました4月4日に、種イモを畑へ植え付けようと思い
朝食後から植え付けの作業に取り掛かり、縦に2等分した左右の種イモで
芽の出ている箇所が、ほぼ均等の数になる様にと
新しくできた芽を傷めない様に、注意をしながら慎重に切り・・・



切った種イモの切り口から腐るのを防ぐ為、小生の場合には
切り口に「じゃがいもシリカ」を付けていますので・・・



切り口に「じゃがいもシリカ」を付けてから、直射日光でお昼迄天日干しをして
切り口を乾燥させた後に・・・



苦土石灰や鶏糞、化学肥料等を散布して畑を耕した後に
幅60~70㎝間隔で深さ10㎝位の溝を、予め作っておいた畑へ
昼食後に、二つに切った種イモを持って行き・・・



二つに切った種イモの切り口を下向きにして、30cm間隔に溝へ置いてから
種イモと種イモの間に、元肥として種イモの間へ一握りの化学肥料を与えた後に・・・



新しい芽が伸び易い様に、種イモの上に藁の束を置いてから・・・



藁の束に上へ、厚さが10㎝位の厚みに成る様に土をかけて
種ジャガイモの植え付け作業は、夕方までには終える事が出来ましたので
後は種イモが元気に育って、芽が地表に顔を出してくれるのを待つ事にしました





2019.04.06 / Top↑