FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・



Windows 10の、年2回の大型アップデートのひとつと云われています
「May 2019 Update(バージョン 1903、19H1)」が、米国のMicrosoft社から
5月21日(米国時間)に、一般公開されたとの記事を読みましたが
今回の様な機能アップデートでは、ローリングアウト(ローリングアップデート)が
採用されて、アップデートが順次配信されている為に、自分のPCで中々
アップデートが適用可能に、成らないという事例も有って
前回の大型アップデート「October 2018 Update」の時、小生の場合には
昨年の12月22日に配信されましたので、アップデートを実行しましたが
この「October 2018 Update」では、公開直後に手動にてアップデートした人の中には
特定の環境でファイルが、失われる等の不具合が発生してしまい
一度配信が停止されましたので、今回の「May 2019 Update」では
慎重な展開が行われていると、云われていましたが・・・



今回の大型アップデートであります「May 2019 Update」を、手動でアップデートすると
「ダウンロード」から「検証」、「更新」へと進み、40分位経過すると
再起動を促す画面に進み、再起動後のアップデートの構成画面で
30%位迄進んだ時点に成ると、「コンピューターに対する設定を
元の状態に戻している」と云う様な表示が出て、結局更新前の
状態に戻ってしまって、更新する事が出来ないとの書き込みを見たり
既に既知の不具合が14件確認されていて、「メディア作成ツール」等を利用した
手動にてアップグレードを検討しているユーザーは、注意が必要だと
書かれた記事も有りましたので・・・



不具合の詳細を確認すると、上記画像の様な「把握済みの問題」が1件と
「調査中の問題」が4件、「緩和策の有る問題」が9件の、計14件有る事が分かり
小生は手動で早急にアップグレードをしないで、これらの問題点が解決される迄
1~2ヶ月間気長に待って、ローリングアウトにて順次配信される迄待つ心算です


・・・本日掲載しました画像や記事は、Web記事からお借りしたり参考にさせて頂きました。・・・




2019.06.01 / Top↑