FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・




昨日の昼食後にメールを確認すると、独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)から
お昼頃に、「Microsoft 製品」と 「Adobe Flash Player 」の脆弱性対策に付いての
「セキュリティ注意喚起情報のお知らせ」メールが届いていましたので・・・



最初に、「Microsoft 製品」の脆弱性に付いての詳細をIPAのHPで確認すると
「日本時間の昨日、Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラムが公表されて
これらの脆弱性を悪用された場合には、アプリケーションプログラムが異常終了したり
攻撃者に依ってパソコンを制御されたりして、様々な被害が発生する恐れが有り
攻撃が行われた場合の影響が大きい為、早急に修正プログラムを適用して下さい」と
書かれていましたので、早速小生のパソコンの更新プログラムの有無を確認すると
3個の更新プログラムがダウンロード中で、1個の更新プログラムが準備中でしたので
暫く待っていると・・・



「再起動」を促す画面が表示されましたので、「今すぐ再起動する」をクリックすると
再起動が始まり・・・



再起動をすると構成作業が始まり、構成作業の終了後に今回更新されたプログラムを確認すると
小生のパソコンの場合には、「品質更新プログラム」が3個と「その他の更新プログラム」が1個
正しくインストールされた事が、確認出来ましたので・・・



次に、アドビシステムズ社から 「過去に攻撃リスクが高いとされた事のある脆弱性」として
「早急に修正プログラムを適用して下さい」とアナウンスされている「Adobe Flash Player 」に関する
脆弱性対策を行おうとしましたが、小生はブラウザに「Google Chrome 」を使っていて
「Google Chrome」の場合は、「Flash Player」 の機構を統合していますので
小生は自分のパソコンへ、「Adobe Flash Player」を単独では導入していませんが
「Flash Player」は、「Google Chrome」本体に統合(内包)されている為に
新しいバージョンの「Flash Player」が公開されると、「Google Chrome」本体が備える
更新の仕組みに依って、組み込まれている「Flash Player」も自動的に更新されますが・・・



「Flash Player」に、緊急性の高い脆弱性が急遽公開された場合には
「Flash Player」を個別に更新する事も出来ますので、今回小生は「Chrome」を起動して
「Chrome」に組み込まれている「個別コンポーネント一覧」を表示させてから
「Flash Playerのコンポーネント」を探して選び、「Flash Player」の項目に有った
「アップデートを確認」ボタンをクリックすると・・・



更新作業が始まり、更新が終わると「ステータス・コンポーネント更新完了」と表示され
Ver番号を確認すると、「32.0.0.192」から「32.0.0.207」へと変更されて
今回連絡が有りました脆弱性の有るVer番号とは、異なっていたので安心しましたが・・・



念の為に、ブラウザのアップデートの有無を確認すると「Google Chromeは最新版です 」と
表示されましたので、昨日IPAから連絡の有りました「Microsoft 製品」と
「Adobe Flash Player 」の脆弱性対策は、昨日の15時頃迄には終了する事が出来たと
小生は、勝手に思っていましたが・・・



本日、小生が所属していますPCサークルの勉強会が有りましたので
自分のパソコンを持参して参加し、勉強会終了時にパソコンの電源を切ろうとすると
「パソコンの電源を切らないで下さい」と表示され、何らかの更新作業が始まっている様なので
電源が自動で切れる迄暫く待ってからパソコンを閉じて、自宅へと戻って来て
自宅でパソコンの電源を入れると「構成作業」が自動的に始まり、この作業が終了すると
パソコンが起動しましたので「更新の履歴」を確認すると、本日2個の更新プログラムが
正常にインストールされた事が分かりましたが、その中の「x64ベースシステム用
Windows 10 Version1809の累積更新プログラム(KB4503327)」が、昨日と本日の2回
日付は違うものの、何れも「正常にインストールされました」と、表記されていて
小生はダブっていると思いましたが、このままの状態で暫く使用してみて
何か不都合な事が発生していないか確認しながら、様子を見る心算でいます





2019.06.13 / Top↑