FC2ブログ

デジカメを持って 西へ東へと・・・




先程メールを確認すると、複雑・膨大化する情報社会システムの安全性や
信頼性の確保による「頼れるIT社会」の実現に向けて、IT施策の一端を担う
政策実施機関として、情報セキュリティ、ソフトウェア高信頼化、IT人材育成等の
施策を展開しています独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)から
「セキュリティ対策・緊急情報」との件名が書かれたメールが届いていましたので
本文を読むと、日本時間の今年の1月18日に Microsoft Internet Explorer の
脆弱性に関する情報が公表され、「これらの脆弱性を悪用された場合には
アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを
制御されたりして、様々な被害が発生したり拡大する恐れが有る為に
至急、製品開発者が公表している手順に従って設定変更による
攻撃の暫定的な回避策を実施するか、または別ブラウザの使用を
検討してください」と書かれていましたが、小生はブラウザとしては
「Internet Explorer 」を、使用してはいませんが・・・



今回発生した脆弱性の詳細を確認する為に、IPAの情報セキュリティのページを開くと
今回の脆弱性の「概要」や、影響を受ける「Internet Explorer のバージョン」
「対策」の各項目が有って、「対策」の項目には1月20日現在製品開発者から
修正済みのバージョンが提供されていないので、修正バージョンが公開される迄の間は
Internet Explorer の使用を停止したり、管理コマンドプロンプトでコマンドを入力して行う
JScript.dllへのアクセスを制限する回避策が書かれていましたが、素人にはハードルが高く
修正バージョンが公開される迄の期間は、「Internet Explorer」を使用しないのが
小生的には、簡単で1番よい方法ではないかと思いました


2020.01.21 / Top↑