デジカメを持って 西へ東へと・・・

・・・画像のアニメは、「Giam」を使って作成しました。(画像3枚)


ペルー原産で、明治時代の初め頃に渡来したと云われている「タマスダレ」は
梅雨時期頃から秋にかけて、可愛らしい白い花を咲かせますが
小生宅の小さな庭の隅に、今年も白い花を咲かせてくれて
夏の季節に比べ、花の数は少なくなったものの
今でも白い花を、数輪づつ咲かせ続けています

「タマスダレ」はヒガンバナ科の多年草で、夏から秋にかけて花を咲かせ
6枚の花びらは、付け根の部分でくっついて筒状になっていて
「タマスダレ」は地際から花茎を長く伸ばして
その先端に、花茎5㎝位の1輪の花を咲かせますが
この花は短命なので、1~3日程で萎んでしまうものの
開花の時期には、花茎を次々と伸ばして花を咲かせるので
思っている以上に、長い期間花を楽しむ事が出来ます



2013.09.22 / Top↑
Secret